薬物問題を抱える女性が直面する主な健康上および社会的問題

欧州連合では、15〜64歳の推定3500万人の女性と5400万人の男性が、人生のある時点で違法薬物を試しています。一般的に薬物使用全体の性差は若者の間では小さく、ヨーロッパの多くの国々では若年層の間でその差が減少しているように見えます。しかしながら、より集中的で問題のある形の薬物使用のためには、性別間の差はより大きい。

女性は深刻な違法薬物問題を抱えているすべての人々の約4分の1を占めており、ヨーロッパの専門薬治療への参加者の約20%を占めています。いくつかの研究では、妊娠や育児から生じる必要性、あるいは女性がより容易にケアを求める一般的な傾向のために、女性が治療を受ける可能性が高いことがわかっています。他の研究では、スティグマのため、女性は男性よりも専門的なサービスを受ける可能性が低いことがわかりました。女性は自分の問題を身体的または精神的健康問題に帰し、身体的または精神的健康分野でケアを求めるかもしれません。ヨーロッパの異なる地域やサブグループ内の治療のギャップの範囲と性質はさらなる研究を必要とします。

女性は、社会的特徴、物質使用の影響、および発達および依存への進行において、薬物問題を抱える男性とは異なります。女性は、性別や性別に基づく特有の懸念を示していますが、多くのドラッグサービスは男性向けです。

これらの特定の問題は次のとおりです。

スティグマ:薬物を使用する女性は、母親や介護者としての役割に反していると考えられているため、男性よりもスティグマを経験します。スティグマは罪悪感や恥を悪化させる可能性がありますが、差別的で非支援的なサービスは援助を求めることを妨げる可能性があります。

社会経済的負担:これらはより低い雇用と所得水準を持っているので、薬物を使用する女性にとってより経済的負担が重い。自治体によってサービスが提供されておらず、保険の補償がない場合、薬物治療の費用が障壁となる可能性があります。交通費は治療へのアクセスを妨げるかもしれない。

社会的支援:薬物を使用する女性は男性よりも社会的支援が少ないかもしれません。なぜなら、彼らは薬物使用に問題のある家族から来ており、薬物使用パートナーを持っている可能性が高いからです。例えば、イギリスの薬物治療への参加者のうち、4分の3の女性が男性の2分の2に対して薬物を使用するパートナーを持っていました。

子供:子供との関係は非常に重要であり、女性の薬物使用と回復において中心的な役割を果たす可能性があります。女性の治療への参加者は男性よりも子供と同居する可能性が高いです。

薬物使用パートナー:薬物を使用するパートナーを持つことは、女性の薬物使用開始、継続および再発におい​​て重要な役割を果たすことができます。それはまた、血液感染性ウイルス感染や暴力への彼らの曝露にも影響します。物質使用男性は治療を支持しないかもしれず、女性が薬物を使わなくなると関係が失われるのを恐れているかもしれません。

さらに、男性と比較して、薬物を使用する女性は、子供または大人として性的および身体的暴力や虐待を経験し、親密なパートナーの暴力にさらされる可能性が高くなります。

心的外傷後ストレス障害や不安や鬱病などの他の精神的健康問題は、女性の薬物使用者の間でより一般的です。結果として、二重の診断を受けた人をサービスから除外することは、男性よりも女性に大きな影響を及ぼす可能性があります。

薬を注射する女性は血液感染性ウイルス感染に対して特別な脆弱性を持っています。彼らは注射器具をより多くの人々と共有する可能性があるので、男性よりHIV感染率が高いのです。また、セックスを麻薬やお金と交換する可能性が高く、性的パートナーとコンドームの使用を交渉することが困難です。

女性の多数のサブグループが特別なニーズを持っており、これらに対処する特別な対応を必要とするかもしれません。

EMCDDA:Women and gender issues related to drugs より翻訳

12-ステップの介入は、 薬物使用の減少に関して、 他の心理社会的な介入に 比べて良くもなく悪くも ない

違法薬物の乱用は、乱用者、その家族、友人、社会全体にまで、広範囲に及ぶ深刻な影響を及ぼす。望ましい介入プログラムというのは、違法薬物の使用とそれによるネガティブな結果を効果的に減少させ、その上費用対効果が高いものである。現在のエビデンスが示すことは、12-ステッププログラムの効果 は他の心理社会的介入と全く同様だということである。従って、プログラムの費用は重要な条件となる。 しかし、これらの研究の強度は弱く、12-ステッププログラムの有効性に関する更なるエビデンスが必要とされる。

違法薬物使用の減少に向けた12-ステッププログラムは、他の介入に比べて、良くも悪くもない(12-step programs for reducing illicit drug use are neither better nor worse than other interventions)Martin Bøg, Trine Filges, Lars Brännström, Anne-Marie Klint Jørgensen and Maja Karrman Fredrikksson抄録翻訳者:斧原 藍(Ai Onohara)

国連最高経営責任者会は、麻薬を使用する人々の非犯罪化を満場一致で支持しています。

2018年11月7日、8日
ニューヨーク

31の国連機関を代表する国連の最高執行委員会は、所有と使用の非犯罪化を支持する薬物政策に関する共通の立場を採択しました。これは、ウィーンで開かれた麻薬治療委員会の主要会議の数日前に行われ、国連の10年間の世界薬物戦略を検討し、次の戦略を計画する予定です。

国連事務総長が議長を務め、31の国連機関を代表する、国連事務総長会(CEB)からの麻薬政策に関する新しい見解声明は、麻薬の所持と使用の非犯罪化に対する強力で満場一致の支持を表明しています。声明は、加盟国に対し、「個人使用のための麻薬所持の非犯罪化を含む、適切な場合には有罪判決と罰の代替策を促進すること」を求めている。

過去に多くの国連機関が同様の電話をかけてきたが、このCEBの声明は、これが今や国連機関の全家族にとって共通の立場にあることを意味している。重要なことには、国連麻薬政策庁 – 国連麻薬犯罪局もその立場を支持しています。最後に、非犯罪化に関する以前の曖昧な立場を明確にしました。

この声明はまた、公衆衛生、人権、および持続可能な開発の課題に明確に薬物政策を位置付けています。それは薬物政策に関する国連システム内の「システム全体の一貫性」に向けた歓迎された重要なステップを表しています。これは、歴史的な方向性が罰、法執行機関および撲滅に向けられてきた国連麻薬会社による国連全体の一貫性の欠如および健康、権利および開発の課題の周辺化に長い間不満を抱いている市民社会団体の重要な呼びかけである。この声明は、今週、国連麻薬薬委員会の閣僚レベルの会合の準備段階に来るので、特に重要であり、それは10年にわたる国連の世界的な薬物戦略を検討し、次の戦略の計画に同意するであろう。CEBの非犯罪化の要求は、「罰と投獄の代替策」のみを要求する既存の加盟国の合意の見解を超えています。

変換はこの新しい開発を歓迎します。この声明は、麻薬を使用する人々の犯罪化を通じて麻薬の使用を根絶しようとすることは効果的でも人道的でもないことを明らかにしています – そしてそれは終わらなければなりません。それは、人権、公衆衛生および開発が物質使用に対してより思いやりのあるアプローチを採用することによってよりよく役立っていることを認識しています。それは、より効果的で人道的な薬物政策への道を示すための国連全体のリーダーシップによる努力を表しています。

この新しい開発の詳細については、ここをクリックするか、下の画像をクリックして最新の説明をご覧ください。

The UN Chief Executives Board unanimously endorses decriminalisation of people who use drugs.

https://www.unsceb.org/CEBPublicFiles/CEB-2018-2-SoD.pdf

モグラとメモグの夫婦の絆物語~薬物依存症の環境を変えて回復~|更生のための刑事弁護を目指す弁護士西谷裕子のホームページより

薬物を止めようとする人達、薬物を使用しない人達とつながって、 人脈や環境を変えていくことで薬物依存症から回復できた事例

薬物を止めようとする人達、薬物を使用しない人達とつながり、人脈や環境を変えていったことで、自然と薬物依存症からの回復の軌道に乗った57歳男性のモグラさんのケースをご紹介します。

薬物依存症の人が、薬物を断ち切り、回復していくにあたっては、「どんな環境に身をおいて、どんな人達とつながるか」、がとても重要です。

端的にいってしまえば、
薬物を使おうとする人達とつながっていれば、遅かれ早かれ、再犯してしまうでしょう。

逆に、薬物をやめようとする人達、薬物を使用しない人達とつながりを持てば、再使用せずに、回復の軌道に乗りやすくなります。

もし仮に、途中でちょっとスリップしてしまうようなことがあっても、すぐ軌道修正して、また薬物を止め続ける日々へと戻ることができます。

しかし、薬物を使用しようとする人達とつながりを断てないまま、そういう環境に身をおき続けていると、1回再使用してしまったら最後、ぞのままズルズルと薬物を使用し続ける日々に舞い戻ってしまうのです。……….

薬物を止めようとする人達、薬物を使用しない人達とつながって、 人脈や環境を変えていくことで薬物依存症から回復できた事例 ~モグラとメモグの夫婦の絆物語~|更生のための刑事弁護を目指す弁護士西谷裕子のホームページより

分かちあう事、そして共感できる仲間が私達にできて心より感謝

薬物依存症のタケヤンです。

私は17歳からシンナー、覚醒剤他色々な薬物を使用しながら生きてきました。

薬を使いだした目的は好奇心からですが、歳を重ねるごとに使い方が変化し、その年齢に合わせて薬は私に対して様々な事をコントロール不足にしていきました。今もなお、クリーンでいても自分自身をコントロールできない様に操り、精神的にも肉体的にも不自由を感じ、苦しい、辛い、と思う時間が一日に何度も襲ってきます。そんな状況に陥ると、自分を取り戻すのに必死になり、疲労困憊してしまいます。不眠症にも悩まされ、うまく眠れない夜は不安と戦って疲れ切ってしまいます。精神薬や睡眠薬を服用しても効果がないと感じることが多い為、困り果てている状況の中で日々生きています。

それでも私は今回が薬物を断つための最後の与えられたチャンスだと思っています。 また薬物を使う自分に戻り、自分自身をコントロール不可能にするのか、回復のチャンスを手放さずにコントロールできるようになるのか・・・。少なくともこのニュースレターを木津川ダルクのタケシさんに頼まれて受けたという事は、頼まれたから書くというより、今の私の気持ちを文字にすることにより、自分自身を見つめ直すチャンスを手渡してくれたと受け止めており、心より感謝しています。

うまく皆様に私の今の心境が伝わるか分かりませんが、クリーン4カ月の私の今を少しでも共感していただけたら幸いです。

私は覚醒剤において6度の逮捕を繰り返し、今回6度目の逮捕の後、実刑2年、執行猶予5年、保護観察付きの処分を受けている最中です。今は木津川ダルクに通所しながらNAにつながり、ミーティングに参加して回復に向けて日々の生活を送っています。

今まで3度の服役を繰り返す中で、薬物更生施設の事を知ってはいましたが、薬物依存者の集まりの中に入って更生に向けていく事は私にとっては理解できず、そんな所へ行かなくてはならないほど自分自身は落ちぶれていないし、そんな所へ行っても逆にまた薬が欲しくなったり、悪い付き合いが始まって大した効果も得られない、と決めつけていたのでまったく興味が湧きませんでした。そんな状態の中で今日まで薬を使用し、逮捕され、服役を繰り返していく生活でした。仕事は大型車に乗りながら生計を立てていましたが、薬を使用しながらの仕事だったため長続きしなかったり、仕事に対しての一番の後悔は、自ら自営として立ち上げた会社を潰し新築の一軒家を手放し、一家離散になってしまった事です。失ったものは他にも数え切れませんが、すべてにおいて薬物を使用していた事により起きた出来事だと自覚するに到っております。

3度の離婚を繰り返し現在の妻と22年の結婚生活を送っていますが、出会った時から今日まで妻と共に覚醒剤を使用しながらの生活を送り続け、今回私が6度目の逮捕にして妻も一緒に逮捕されるという、恐れていた事態が起きてしまいました。いつかはこうなると分かっていたのに薬をやめられずに過ごしていたのですから、家族・友人・知人に最大の絶望と信用・信頼を失う事も与えたのは言うまでもありません。後悔などという言葉は私達夫婦にはおこがましい言い訳でしかなく、後悔をしたと言い訳するつもりはありません。友人に私達は崖っぷちではなく、崖から落ちてると言われて返す言葉もありませんでした。

今回、保護観察という処分をいただき、観察所から市が行っている薬物更生プログラムに参加してみてはどうですか?と言われました。今回は夫婦二人での逮捕でしたので、今までの様に私一人ならその言葉の真剣な受け止めも浅かったと思いますが、今回は心から薬をやめなくてはならない、と妻と心に決めたので私はこのプログラムに参加しようと決めました。プログラムに参加して私の心がざわつきました。みんな楽しく過去の話や今の心の変化、そして伝わりやすく仲間同士で語り合い、初対面の私に対して何の壁もなくすんなり受け入れてくれ、私の話を真剣にそして共感しながら聞いてくれました。

そしてプログラムが終わった時に声をかけてくれたのが、今私が通所している木津川ダルクの施設長のタケシさんでした。気さくな感じに「今どこかに繋がっていますか?」と言ってくださり、何も分からない私に一度私の施設に来てみませんか?と声を掛けて下さりました。その言葉により後日、木津川ダルクに訪れました。そして私の身の上話をすると、タケシさんは、自分自身が回復する気持ちがあるのならこの施設に足を運んで下さい。そして私に「あなたは実刑にならないし、執行猶予になるし助かります。実刑に行っているよりも施設に通った方が1日も早く回復に向かって歩けますし、他にも回復への道がたくさんありますので、NAのミーティングにも通ってみて下さい。お金も要らないし、あなたが回復したい一心で行動すれば、今までどうにもならなかった事が一つ一つ解決していきます。」と言って下さりました。こんな私に困った顔一つ見せずに話を聞きながら受け答えて下さった事が今も忘れられません。

それから私は施設へ通所しNAミーティングの参加が始まりました。私の裁判に対しての上申書をタケシさんが書いて下さり、裁判当日には、タケシさんをはじめたくさんのNAの仲間がわざわざこんな私の為に、裁判所に足を運んでくれたこ事に無償の愛と優しさを感じました。感謝の気持ちで一杯です。

今、執行猶予5年、保護観察処分、クリーン4カ月です。今までの私達夫婦には4カ月薬をやめる事の出来なかった日数です。これほどダルクやNAミーティングのおかげでクリーンが保たれて健全に生活していられることに喜びを感じています。

今は薬を止められたとは思えませんが、今日だけで精一杯の私達ですが、NAミーティングに参加し続けつながり続けたいと思う気持ちは、回復に向けて歩いている事の証です。

木津川ダルクのタケシさん、ダルクの仲間、NAの仲間が私達を心から受け入れてくれている事が今、私達がクリーンでいられる大きな助けとなっています。まだNAの原理やステップについては理解に欠く所はありますが、ミーティングに通い続けていればクリーンでいられる事は本当だと思います。私たちには最高の治療法なのです。この先、夫婦二人でクリーン生活を続け、タケシさんにこの姿を見て喜んでいただきたいと思っております。分かちあう事、そして共感できる仲間が私達にできて心より感謝しています。

ありがとうございました。

アパリ東京本部ニュースレター

生活保護で薬物依存症からの回復支援 ~カズと母さんの奮闘記~|更生のための刑事弁護を目指す弁護士西谷裕子のホームページより

今回は、母と一緒に生活保護を受けていた男性が、覚せい剤使用で逮捕されたけれど、ダルクに入所して回復支援に取り組むことを条件に保釈を受け、保釈中も生活保護の支援を受けて、回復軌道に乗った事例をご紹介します。

辛い過去があって、薬物依存症に陥り、苦しんでいた中で、保釈中も生活保護を受けて、回復軌道に乗っていった画期的なケースなので、是非ご紹介したいと思います。

ちなみに、このケースは「執行猶予中の再犯の事例」の事案で、言い渡された判決は「一部執行猶予判決」でした。

生活保護で薬物依存症からの回復支援 ~カズと母さんの奮闘記~|更生のための刑事弁護を目指す弁護士西谷裕子のホームページより|リンク

 

東アジア薬物依存者回復支援者(DARS)養成セミナーのご案内

2019年2月23日(土)・ 24日(日)各日10:00~17:00を予定

開催地:龍谷大学深草キャンパス・紫光館4階法廷教室 (京都市伏見区深草塚本町67)

主催 :薬物依存者回復支援(Drug Addicts Recovery Supports:DARS)、龍谷大学犯罪学研究センター(CrimRC)

わたしたちは、この30 年余りの間、欧米の薬物対策モデルを導入し、民間主導の回復支援スキームを展開してきました。このような民間団体による回復支援のスキームを、東アジア地域でも展開するため、このたび、「東アジア薬物依存者回復支援者(DARS)養成セミナー」を開催することになりました。

ともすれば、内向きになりがちな回復支援活動を国際化するためのキック・オフと位置づけています。たくさんのご参加をお待ちしております。

セミナー参加費 資料代5,000円 懇親会3,000円
参加申し込みサイト:https://goo.gl/forms/OFsfINWCuIyXE8753

龍谷犯罪学研究センターWebページ
https://www.ryukoku.ac.jp/nc/event/entry-3017.html

〈第1日目〉10:00開始
開会の挨拶
【企画の趣旨】
「日本の薬物政策の現状と課題 〜官主導? 民主導? それとも、その間か? 〜」
石塚 伸一 (龍谷大学犯罪学研究センター長)

【日本における市民主導の回復支援】
「ダルクの過去,現在,未来」 市川 岳仁(NPO法人三重ダルク代表)
「薬物裁判におけるアパリの活動」 尾田 真言(NPO法人アパリ 事務局長)
「刑務所における薬物治療」 谷家 優子(姫路少年刑務所 カウンセラー/大阪心理教育センター カウンセラー)
「回復における家族の役割」安髙 真弓(日本社会事業大学大学院 研究員)
「地域の医療・福祉における回復支援の現在」西念 奈津江(岡部診療所 ソーシャルワーカー)
「受刑経験者の回復支援」 五十嵐 弘志 (NPO法人マザーハウス 代表)

【東アジア地域における市民主導の回復支援】
「タイにおける薬物政策」 プラパプン・チェチャロエン(タイ・マヒドン大学教授)
「フィリピンにおける薬物政策」レニール・クリストバル(ファミリー・ウエルネス・センター代表)
「ネパールにおける薬物政策」スーヤス・ラジャハンダリ(ザ・リカバリング・グループ)
「台湾における薬物政策」任 國華(財團法人中國信託反毒教育基金會)
「韓国における薬物政策」チョー・スンナム(乙支大学 医師)
「日本における薬物政策」ディビッド・ブルースター(龍谷大学犯罪学研究センター 博士研究員)

【懇親会(有料)】

〈第2日目〉10:00開始
【東アジア地域における治療プログラム】
「条件反射制御法の理論と実践」 長谷川 直実(デイケアクリニックほっとステーション 院長 医師)
「日本におけるマトリクス・プログラムの展開」原田 隆之 (筑波大学 教授 臨床心理士)
「日本における12ステップとNA」加藤 武士(NPO法人アパリ・ウエスト/木津川ダルク 代表)
「日本におけるプロイエクト・オンブレの展開」近藤 京子(PHJ設立準備委員会 代表)
「タイにおける薬物治療」チャンチャイ・トングプラニット(タンヤラックコーンケン病院 医師)
「フィリピンにおける薬物治療」
マリアノ・ヘムブラ(ドン・ホセSモンフォート・メディカル・センター・エクステンション病院 医師)
「韓国の薬物治療」チョー・スンナム(乙支大学 医師)

【“えんたく”で分かち合う共通の課題〜アジアの回復支援の未来〜】
司会:土山 希美枝 (龍谷大学 教授)
ファシリテート・グラフィック:塩見 牧子 (龍谷大学犯罪学研究センター 嘱託研究員)
中村 正 (立命館大学 教授)
近藤 恒夫 (日本ダルク 代表)
原田 隆之 (筑波大学 教授 臨床心理士)
プラパプン・チュチャロエン (マヒドン大学アディクション研究修士課程プログラム 所長)
カンニカー・シッティポン(タンヤラックコーンケン病院 臨床心理士)
ベンジャミン・レイヤス(デンジャラス・ドラッグ・ボード)
長谷川 直実 (デイケアクリニックほっとステーション院長 医師)
大熊 啓介(NPO法人マザーハウス スタッフ)
猪浦 智史(国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 研究員)
松浦 良昭(三河ダルク 代表/ソウルダルク 代表)

【閉会式】

研究助成:
国際交流基金アジア・市民交流助成プログラム
JST/RISTEX(社会技術研究開発事業)「安全な暮らしをつくる公/私空間の構築「多様な嗜癖・嗜虐行動からの回復を支援するネットワークの構築」(ATA-net)
文部科学省私立大学研究ブランディング事業「新時代の犯罪学創生プロジェクト~犯罪をめぐる「知」の融合とその体系化~」
協力:NPO法人アパリ、木津川ダルク

お問合せ: 龍谷大学 犯罪学研究センター (CrimRC)〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67
龍谷大学 研究部(人間・科学・宗教総合研究センター)
TEL 075-645-2184  FAX 075-645-2240
E-mail crimrc2016@ad.ryukoku.ac.jp
WEB https://crimrc.ryukoku.ac.jp/

本セミナーは、龍谷大学創立380周年を記念し、薬物依存者回復支援(DARS)と龍谷大学 犯罪学研究センター(CrimRC)が主催し、多くの関係団体・個人のご協力を得て実施するものです。

東アジア薬物依存回復支援専門家養成セミナーチラシPDFファイル

 

ダルクと私

私が生まれて初めてタバコや酒を覚えたのは小学校の高学年だったと思います。その頃はよくいう興味本位だけ。友達と大人の遊びをするのが面白いと感じるのは誰にでもあることかもしれません。その頃は常習になるわけでもなく、単なるお遊びの一環としてでした。

違法薬物と出会ったのは大麻ですが、これも最初からのめりこんだというわけでもなく、そういう遊びが楽しく感じたのですね。特別好きな趣味も無く、クラブ活動に没頭している同級生を尻目に、大麻で遊んでいる自分を特別な存在のように感じていました。

中学生の頃からスケートボードを始めて、いつの間にかサーフショップのひとに海へサーフィンをしに連れて行ってもらえるようになりました。もうかれこれ35年は前の話ですから、現在のようにサーフィンがメジャーなスポーツではなく、アウトローでアメリカンな感覚が自分にはぴったりハマったのでしょうか。人と違うことをしているのがどうも快感だったようです。

サーフィンには真面目に取り組みました。若いとあって、年上の先輩達にもかわいがられたおかげでそこそこ上達できた頃、水の上を人間が板切れ一枚でスイスイ滑るあの感覚は、何物にも代えがたい快感と喜びがありました。他では味わえない気持ちよさを得られるスポーツとあって、当然毎日のように海へ行きたくなります。しかしながら未成年で車の免許も無い私を、先輩達も仕事があり毎日海へなど連れて行ってもらえません。当然費用もかかります。そんな時に夜な夜なDiscoやクラブに通い始めるようになります。こんな話はよくあるパターンかもしれませんね。一度、何物にも代えがたい快感を得てしまうとそれと同等の喜びを得られる行為を探し求めます。薬物にのめり込むのにさほど時間はかかりませんでした。

サーフィンとドラッグ、スケボーとドラッグがセットになり、やがてはドラッグのみを追い求める生活に変わります。健康的な友達は去り、クスリを共有する仲間だけ。仕事やバイトに就くも長続きせず辞めるかクビになる。稼いだお金も使い道はクスリだけ。類は友を呼び、クスリのネットワークばかりが広がります。そんな生活が数年続いたのち、クスリ仲間が入院したり亡くなってしまったり。自分なりに多少は「止めよう」と思ったのか単身海外へ逃げるように渡航しました。

南半球の地で、クスリを体から抜いてもう一度サーフィンがしたい。俗にいう“返し太り”でぶくぶくに太った体のリハビリに取り組む覚悟でしたが、中々上手くはいきません。遊びほうけてまた大麻を吸ったりしながら一年少しして帰国。帰国後に仲間を誘いすぐの一発です。
地元に戻ることが怖くなり、遠く離れた東北で暮らすことを決め移住。身寄りも知人もいない土地での再出発はそんな楽なものではありません。それでもあの危険な地元の関係の中には絶対帰りたくない思いで、何とかハードドラッグを使うことなく何とか生計が立ち始め、仕事も安定し結婚、一児を授かります。

ところが、体を壊したのをきっかけに転職、転職を機にまた大麻です。その頃、パニック障害になり、精神科通院も始まります。苦労しながらも、周りからよく見られたい強い承認欲求でマイホームも建てますが、ふたを開けてみれば大麻栽培を最優先に考えた自分の城です。毎日起こる痙攣や発作に鬱々とした状態。定期的に夜のポットパーティ、サーフィンに打ち込みなおした数年間も処方ヨレとフラッピーな身体でズタズタ。職場では他人の悪口ばかり。書いていた自身のBLOGも炎上。その上株式投資にもハマり財産を使い果たします。15年勤めた職場も自主退職。自己破産の申請に破産専門の自助グループに通い、裁判ののち免責決定許可がおります。それからすぐに大震災で被災し、泣く泣く故郷へ。職探しを何十件もしてはみますが採用されません。そんな自分の居場所は布団の上だけでした。精も根も尽き果て鬱状態はさらにひどくなり、二度の自殺未遂の果て意識不明からの精神病院措置入院が待っていました。

精神科退院のあと、兼ねてから定期的に連絡をくれたり、生存確認をしてくれていたかつてのクスリ仲間が回復し働いているダルクに自ら繋がりました。京都ダルクには男女合わせて20名位の利用者がいましたが、みんな自分より若くて、そういう些細な事から仲間たちとの違い探しをし、入院中に大幅な処方薬の減薬からの断薬。離脱症状もあって苦しい日々が続きます。父親が要介護の認知症であることと、実家の僅かながらの仕事のために通所利用しながらの毎日はとても辛い日々となります。かつてなら、しんどいことはしたくない、不安や自己嫌悪に陥る自分でいたくない、過去のことをいつまでもクヨクヨ悩んだり、周りの人を恨んだりする中でクスリや大麻に逃げていたかもしれません。

しかし、ダルクには自分と同じような辛さを抱えた仲間達がいたこと。今日はしんどくても明日は何故かしら笑っている仲間達。私が食事をしたあとの食器を洗ってくれた仲間がいたり、ミーティングでの私の話を聴いて共感してくれる仲間がいたり、合わないなという仲間もいたけど、それぞれの仲間の中にかつての私自身がいるなと気づき始めます。

アディクション(薬物依存症)は病気であると理解していく中で、自分は随分長い年月を病気に囚われながら生き延びていたのだなと感じました。

ミーティングもそうなのですが、ダルクのプログラムはとてもシンプルで、スタッフや仲間達と掃除をしたり、献立を考え買い物に行ったり、料理を作り皆で食べる。その中で、そういったことも誰かや家族にしてもらって当たり前と生きてきていた自分がいることに気づきます。スポーツや畑での農作業のプログラムもあり、最初の頃は自分で進んで参加することもなかったですが、スタッフや仲間達が声を掛けてくれたり、出来ないながらも少しずつ楽しめるようになっていきました。

ダルクで仲間達と得た経験は、かつてない新しい経験と感じれたのだと思います。何をするにも自分中心、自分さえ良かったらいいのだというこの病気、やがて自分自身で疎外感を強く感じながら孤独を作っていきます。その先には「死」でしかないのですね。

素面の自分がダルクの仲間達とプログラムを通じて新しい経験をしていく中で、様々な感情が生まれ、その感情と向き合う中で気づくことがたくさんあります。でももう自分一人ではないということ。クリーンな期間があるとはいえ、仲間の中で過ごしながら自分自身の感情と向き合うことを忘れてしまうと、またしんどい状態が長く続くことになります。京都ダルクで素晴らしい経験をさせていただき、昨年から木津川ダルクでスタッフとして働かせていただいております。

入所している仲間達と毎日過ごしながら、仲間達に生まれる感情、「どう感じ、どうしたいのか」「その時に古い生き方で反応するのか、新しい生き方で対応していくのか」自分自身に問いかけながらも楽しみを見つけ、仲間達と共有していこうと考えます。

傲慢にならず、同じ目線で考え、先行く仲間達に自分がしてもらったことを少しでも新しい仲間に返せていければいいですね。

YSKZ

京都で薬物問題を考える。 〜薬物依存からの回復と地域社会〜

広報にご協力ください。

2018年 12月26日(水)13:15-14:45

龍谷大学 刑事政策 公開授業 担当者:石塚伸一

テーマ 「京都で薬物問題を考える。 〜薬物依存からの回復と地域社会〜」

企画の趣旨:薬物依存からの回復については、DARCなどの民間団体が、大きな役割を果たしています。当事者の回復のためには、家族や地域社会の支援が不可欠です。ところが、回復施設ができるとなると地域の人たちは不安をいだき、ときに排除の意志を表明することも少なくありません。
今回は、回復支援に携わってきたプログラム・コーディネーターをお招きして、薬物問題の現状と課題について考えてみたいと思います。
この公開授業には、ATA-net が協力しています。

対象:刑事政策受講生および薬物問題に関心のある方。一般市民の方も、ご自由に参加していただけます。

会場:龍谷大学 深草学舎 紫光館4階 法廷教室
〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67

お問い合わせ:龍谷大学 石塚伸一研究室
[TEL] 075−645−8466
[E-mail]ishizuka@law.ryukoku.ac.jp