Calendar

4月
13
「ドイツの薬物政策〜使用と所持の法規制をめぐって〜」 @ ZOOM
4月 13 @ 18:00 – 20:00

シリーズ第3回 「ドイツの薬物政策〜使用と所持の法規制をめぐって〜」

主催:龍谷大学ATA-net研究センター/共催:犯罪学研究センター・ ティーチイン

日時:2021年4月13日(火)18:00-20:00
(オンライン開催・事前申し込み制・参加無料)

お申込みページ:https://ata-net-2021-04-13.peatix.com/view

スピーカー:金尚均(龍谷大学法学部教授)


1.開会の挨拶(石塚伸一・龍谷大学)      5分
2.スピーカー 金尚均(龍谷大学法学部教授) 55分
3.質疑応答・ディスカッション        55分
4.閉会の挨拶(石塚伸一・龍谷大学)      5分

事前お申込者へ、ティーチイン当日にZOOMミーティングID URLをPeatix登録メールアドレスにお送りいたします。
定員:約200名  参加費無料

【企画の趣旨】 これまで日本、オランダ、ポルトガルなどの薬物政策をめぐる議論を勉強してきました。第3回は、ドイツの法規制を手掛かりに禁止薬物の使用や所持の問題を考えてみましょう。話題提供者は、金尚均さんです。近年はヘイト・スピーチやインターネット犯罪の研究で有名ですが、龍谷大学の刑法担当の教授です。1990年代にドイツに留学され、彼の地の薬物政策に精通されています。単著『ドラッグの刑事規制―薬物問題への新たな法的アプロ-チ』(日本評論社、2009年)は、現地調査の成果を踏まえた比較法研究です。みなさま、奮ってご参加ください。

【プロフィール】 金尚均(キム サンギュン)

1967年大阪府生まれ。立命館大学研究科修了、博士(法学)を取得。山口大学、西南学院大を経て、現在、龍谷大学法学部教授。フンボルト財団の支援を得てドイツ留学。主著に「危険社会と刑法―現代社会における刑法の機能と限界」(成文堂、2001年)、中川慎二・河村克俊との共著書に『インターネットとヘイトスピーチ——法と言語の視点から』(明石書店、2021年)などがある。

・報告会までに使用予定の端末(PC、タブレット、 スマートフォンを含む)に、「Zoom」 アプリのインストールをお願いします。
https://zoom.us/jp-jp/ meetings.html
・入室時、マイクはOFFの状態です。発言時のみONにしてください。
・入室時、ビデオはOFFの状態です。必要に応じてONにしてください。
・報告会の録画・録音は禁止いたします。
・開始15分前より入室可能です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私たちは、昨年1月、ATA-net研究センターの設立を記念し、イーサン・ネーデルマンさんをお招きして、「薬物政策とハーム・リダクション」に関するシンポジウムを開催しました。その際、つぎのことを確認しました。

薬物との戦争(A War on Drug)」は終わった。薬物の自己使用を犯罪として処理することを止めようという動きが本格的化している。特定の薬物を禁止して、それを使うと捕まえて、刑務所に放り込むという厳罰主義のアプローチは、当事者の回復のチャンスを奪い、支援者との関係を断ち、地域社会の健康に有害な影響を及ぼす。わたしたちは、依存症者を処罰して、社会と刑務所を往復させる「回転ドア」を壊す必要がある。

ところが、これまで処罰の対象となっていなかった大麻の使用を犯罪化・刑罰化しようという論議が始まっています。厚生労働省は「大麻等の薬物対策のあり方検討会」を立ち上げ、医療用大麻の使用を拡大し、これまで処罰対象ではなかった「大麻使用罪」を新設しようとしています。なぜ、日本政府は、世界的潮流に抗うような作業を始めたのでしょうか。龍谷大学ATA-net研究センターと犯罪学研究センターは、連続ティーチインを開催して、現実を知ること、政府政策の意味を学ぶことから始めようと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今後の予定
シリーズ第4回 「日本人が知らない大麻の話〜医療用大麻とエビデンス・ベイスト・ポリシー(EBP)〜」
 日時:2021年4月27日(火)18:00-20:00
(オンライン開催・事前申し込み制・参加無料)
 
報告者:正高 佑志(一般社団法人GREEN ZONE JAPAN代表理事)

【企画の趣旨】 従来、“大麻“のイメージは“逮捕“と強く結びつけられてきました。しかし近年では、医療目的での大麻使用に注目が集まっています。1990年代に人体内の大麻成分“エンドカンナビノイド“が発見されたことに端を発し、2000年以降のCBDと呼ばれる成分の再発見により、世界的な医療大麻合法化へと進展しました。日本でも、難治てんかん患者に対する特効薬としての期待が集まっています。
このような国際的な変化の中で、日本国内では、新たに大麻使用罪を設け、厳罰方針を維持することが検討されています。
本講演では、国内外の大麻情勢をフォローしてきた医師の視点から、医療、経済、政治の動向を概観し、日本のあるべき大麻政策についての提言を行ないます。

【プロフィール】 正高 佑志(まさたかゆうじ)
1985年生まれ。医師・研究者。一般社団法人GREEN ZONE JAPAN代表理事として、大麻草の安全性や有用性に関する啓発活動に従事している。難治てんかん患者へのCBDの有効性に関する追跡調査と学術報告を行い、国内での治験開始への道筋をつけることに貢献した。2021年にはSNSを活用し日本における大麻の利用実態に関して、初の全国調査を実施。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主催:龍谷大学ATA-net研究センター/共催:犯罪学研究センター・ ティーチイン

ATA-net 研究センター https://ata-net.jp/
犯罪学研究センター https://crimrc.ryukoku.ac.jp/

4月
20
アパリウエスト青少年健全育成 薬物依存関連家族教室 2021.04.20 @ 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)
4月 20 @ 13:00 – 16:00

アパリウエスト青少年健全育成依存関連家族教室

アパリウエストでは、 青少年の薬物問題や依存で困っている家族を対象とした家族教室を開催しています。

薬物依存及び、その他の依存(嗜癖)に対する正しい知識を得ること、家族が対応について学ぶこと、また心身ともに疲れている家族が健康を取り戻すことを目的としています。
青少年の薬物やその他の依存問題で苦しんでいるご家族のご参加をお待ちしております。

連続 8 回で 1 クールの講座です。講義に加えてグループワークやロールプレイなどを行っています。全 8 回ですが、どこの回からも参加出来ますし、1 クール終了しても引き続きご参加いただけます。

第1回  薬物依存症によるダメージと回復
第2回  薬物への欲求と「きっかけ」「危険な状況」への対処について
第3回  薬物依存症者の心にある2つの考え
第4回 本人・家族の心の成長-自律心・自尊心を伸ばす関わり
第5回  気持ちの回復:家族自身の気持ちと本人の気持ちの両方を大事にする
第6回  子どもの成長を助ける関わりについて
第7回  薬物問題を持つ人の家族の回復プログラム
第8回  あなたの環境や状態をいいものに変えよう

講師
加藤 武士(木津川ダルク・代表)
松田 美枝 氏(京都文教大学・臨床心理士/精神保健福祉士)

日 時 毎月 第3火曜日 13:00 ~ 16:00

場所 〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目3番49号
ドーンセンター 4階 中会議室 2号室

費 用 お一人 3,000 円(ご夫婦等で 2 名で参加の場合は、4,000 円)

お問合せ
木津川ダルク    0774-51-6597
アパリ東京本部   03-5925-8848
Eメールで問い合わせ 

グーグルマップ

4月
27
「日本人が知らない大麻の話〜医療用大麻とエビデンス・ベイスト・ポリシー(EBP)〜」 @ ZOOM
4月 27 @ 18:00 – 20:00

シリーズ第4回 「日本人が知らない大麻の話〜医療用大麻とエビデンス・ベイスト・ポリシー(EBP)〜」

主催:龍谷大学ATA-net研究センター/共催:犯罪学研究センター・ ティーチイン

 日時:2021年4月27日(火)18:00-20:00
(オンライン開催・事前申し込み制・参加無料)

お申込みページ:https://peatix.com/event/1875390/view

報告者:正高佑志(一般社団法人GREEN ZONE JAPAN代表理事)

1.開会の挨拶(石塚伸一・龍谷大学) 5分
2.報告者 正高佑志(一般社団法人GREEN ZONE JAPAN代表理事) 55分
3.質疑応答・ディスカッション 55分
4.閉会の挨拶(石塚伸一・龍谷大学) 5分

事前お申込者へ、ティーチイン当日にZOOMミーティングID URLをPeatix登録メールアドレスにお送りいたします。
定員:約200名  参加費無料

・報告会までに使用予定の端末(PC、タブレット、 スマートフォンを含む)に、「Zoom」 アプリのインストールをお願いします。
https://zoom.us/
・入室時、マイクはOFFの状態です。発言時のみONにしてください。
・入室時、ビデオはOFFの状態です。必要に応じてONにしてください。
・報告会の録画・録音は禁止いたします。
・開始15分前より入室可能です。

【企画の趣旨】 従来、“大麻“のイメージは“逮捕“と強く結びつけられてきました。しかし近年では、医療目的での大麻使用に注目が集まっています。1990年代に人体内の大麻成分“エンドカンナビノイド“が発見されたことに端を発し、2000年以降のCBDと呼ばれる成分の再発見により、世界的な医療大麻合法化へと進展しました。日本でも、難治てんかん患者に対する特効薬としての期待が集まっています。
このような国際的な変化の中で、日本国内では、新たに大麻使用罪を設け、厳罰方針を維持することが検討されています。
本講演では、国内外の大麻情勢をフォローしてきた医師の視点から、医療、経済、政治の動向を概観し、日本のあるべき大麻政策についての提言を行ないます。

 【プロフィール】 正高佑志(まさたかゆうじ)
1985年生まれ。医師・研究者。一般社団法人GREEN ZONE JAPAN代表理事として、大麻草の安全性や有用性に関する啓発活動に従事している。難治てんかん患者へのCBDの有効性に関する追跡調査と学術報告を行い、国内での治験開始への道筋をつけることに貢献した。2021年にはSNSを活用し日本における大麻の利用実態に関して、初の全国調査を実施。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私たちは、昨年1月、ATA-net研究センターの設立を記念し、イーサン・ネーデルマンさんをお招きして、「薬物政策とハーム・リダクション」に関するシンポジウムを開催しました。その際、つぎのことを確認しました。

薬物との戦争(A War on Drug)」は終わった。薬物の自己使用を犯罪として処理することを止めようという動きが本格的化している。特定の薬物を禁止して、それを使うと捕まえて、刑務所に放り込むという厳罰主義のアプローチは、当事者の回復のチャンスを奪い、支援者との関係を断ち、地域社会の健康に有害な影響を及ぼす。わたしたちは、依存症者を処罰して、社会と刑務所を往復させる「回転ドア」を壊す必要がある。

ところが、これまで処罰の対象となっていなかった大麻の使用を犯罪化・刑罰化しようという論議が始まっています。厚生労働省は「大麻等の薬物対策のあり方検討会」を立ち上げ、医療用大麻の使用を拡大し、これまで処罰対象ではなかった「大麻使用罪」を新設しようとしています。なぜ、日本政府は、世界的潮流に抗うような作業を始めたのでしょうか。龍谷大学ATA-net研究センターと犯罪学研究センターは、連続ティーチインを開催して、現実を知ること、政府政策の意味を学ぶことから始めようと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主催:龍谷大学ATA-net研究センター/共催:犯罪学研究センター・ ティーチイン
ATA-net 研究センター https://ata-net.jp/
犯罪学研究センター https://crimrc.ryukoku.ac.jp/

5月
18
アパリウエスト青少年健全育成 薬物依存関連家族教室 2021.05.18 @ 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)
5月 18 @ 13:00 – 16:00

コロナ緊急事態宣言のため 中止

アパリウエスト青少年健全育成依存関連家族教室

アパリウエストでは、 青少年の薬物問題や依存で困っている家族を対象とした家族教室を開催しています。

薬物依存及び、その他の依存(嗜癖)に対する正しい知識を得ること、家族が対応について学ぶこと、また心身ともに疲れている家族が健康を取り戻すことを目的としています。
青少年の薬物やその他の依存問題で苦しんでいるご家族のご参加をお待ちしております。

連続 8 回で 1 クールの講座です。講義に加えてグループワークやロールプレイなどを行っています。全 8 回ですが、どこの回からも参加出来ますし、1 クール終了しても引き続きご参加いただけます。

第1回  薬物依存症によるダメージと回復
第2回  薬物への欲求と「きっかけ」「危険な状況」への対処について
第3回  薬物依存症者の心にある2つの考え
第4回 本人・家族の心の成長-自律心・自尊心を伸ばす関わり
第5回  気持ちの回復:家族自身の気持ちと本人の気持ちの両方を大事にする
第6回  子どもの成長を助ける関わりについて
第7回  薬物問題を持つ人の家族の回復プログラム
第8回  あなたの環境や状態をいいものに変えよう

講師
加藤 武士(木津川ダルク・代表)
松田 美枝 (京都文教大学・臨床心理士/精神保健福祉士)

日 時 毎月 第3火曜日 13:00 ~ 16:00

場所 〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目3番49号
ドーンセンター 4階 中会議室 2号室

費 用 お一人 3,000 円(ご夫婦等で 2 名で参加の場合は、4,000 円)

お問合せ
木津川ダルク    0774-51-6597
アパリ東京本部   03-5925-8848
Eメールで問い合わせ 

グーグルマップ