第5回リカバリー・パレード「回復の祭典」in大阪

私たちは、このリカバリー・パレード「回復の祭典」を通じて、何よりも自分たちの回復の喜びを分かち合いたいと考えます。

そして、私たちを通じて回復を見てもらうことから、社会の人たちが、回復は可能であり、現実であることを知るようになり、これまでよりずっと多くの人たちが回復を実現できる社会になっていくと考えています。

第5回リカバリー・パレード「回復の祭典」in大阪
10:30 靭公園四ツ橋筋側広場(大阪市西区靭本町1-9-20) 集合
11:00 スタート~靭公園四ツ橋筋側広場~御堂筋を難波までパレード
12:00 ゴール~元町中公園(大阪市浪速区元町1-6) にて一旦解散
13:00 アフターイベント・プログラム
   浪速区民センターにて(大阪市浪速区稲荷2丁目4-3)
 開会のあいさつ
『世界の回復擁護運動の紹介と現状』
麻生 克郎 さん(精神科医)
 参加者からのメッセージ
 講演『僕の薬物依存からの回復への道~長野ダルクが教えてくれた “出会いと気づきと成長”』
杉田 あきひろ さん(歌手・ミュージカル俳優)
うたの時間 仲間といっしょ
御寄附のお願い
拝啓 蝉の声に暑さを覚える今日此頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。平素は格別のお引立てに預かり厚く御礼申し上げます。
リカバリー・パレード関西実行委員会は、本年で5周年を迎えることとなりました。今日まで無事にリカバリー・パレードを開催させていただいたのも、ひとえに皆様のご厚誼・ご支援の賜物と、深く感謝申し上げます。
さて、この度「第5回リカバリー・パレード「回復の祭典」in関西」開催にともない、寄付金をお願いすることになりました。各方面の有志の方々には、宜しくご協力、ご支援を賜りたく存じます。
寄付金は1,000円以上でご随意の金額をお願い致します。本趣旨に対し何分のご配慮を賜り宜しくご寄付いただければ幸いと存じます。
本趣旨にご賛同いただけます場合は、同封の郵便局払込取扱書に必要事項をご記入の上郵便局にてご送金頂けると幸いです。よろしくお願い申し上げます。
敬具
郵便振替口座から
振込の場合
口座番号:00930 7 308803
口座名義 :リカバリー・パレード関西実行委員会
他行から振込の場合
ゆうちょ銀行
店名:〇九九 店(099)
口座番号: 308803
口座名義 :リカバリー・パレード関西実行委員会
リカバリー・パレード関西実行委員会
委員長 加藤 武士
〒619-0214 京都府木津川市木津内田山117 木津川ダルク内
TEL&FAX 0774-51-6597
recoveryparade_kansai@yahoo.co.jp

近畿ブロック再犯防止シンポジウム テーマ:依存の問題を抱える犯罪をした者等への支援の在り方

法務省大阪矯正管区更生支援企画課

近畿ブロック再犯防止シンポジウム
テーマ:依存の問題を抱える犯罪をした者等への支援の在り方
2019年11月1日(金)13:00~17:00(12:00開場)

令和元年度_近畿ブロック再犯防止シンポジウム(依存の問題を抱える犯罪をした者等への支援の在り方)PDFファイル

ドーンセンター 7階ホール(定員500名)
大阪市中央区大手前1丁目3番49号

参加無料 事前申込
お申込み:メールまたはファックスにてお申し込みください。詳しくはチラシ裏面を御覧ください。

申込期限:10月25日(金)

基調講演
依存症からの“回復”とは?
埼玉県立精神医療センター副病院長 精神科医
成瀬 暢也

日本では数少ない依存症治療の専門医。
著書に 「アルコール依存症治療革命」(中外医学社)、「薬物依存症の回復支援ハンドブック - 援助者、家族、当事者への手引き」 など。

パネルディスカッション
依存症からの“回復”を支えるために
コーディネーター
ひがし布施クリニック院長 辻本 士郎

パネリスト
藤井クリニック医療相談室長 藤井 望夢
木津川ダルク代表 加藤 武士
全国ギャンブル依存症家族の会 大阪 植田 弘子
大阪刑務所分類審議室 首席矯正処遇官 南部 昭文

開催趣旨
犯罪をした人たちの中には、犯罪などの問題行動に至る背景の一つとして、薬物依存症やアルコール依存症、ギャンブル依存症、クレプトマニア(窃盗症)など依存の問題を抱える人も少なくありません。こうした依存の問題と犯罪との関連性は個々の事案により様々ですが、これらの依存の問題を抱えた人に対しては、関係機関や民間団体など様々な団体とも連携・協力しつつ、依存に至る背景を含め、対象者一人一人の特性を的確に把握した上で、その人にとって適切な支援を選択し、一貫性を持って継続的に働き掛けることが重要です。

本年度の再犯防止シンポジウムは、「依存の問題を抱える犯罪をした者等への支援の在り方」を開催テーマとして、依存の問題と再犯を取り巻く現状、課題及び解決策について、広く国民の理解を促進し、地域社会における依存の問題を抱える犯罪をした人たちに対する継続的な治療や支援の実施に向けた機運を高めることを開催趣旨としています。

また、依存の問題を抱える犯罪をした人の中には、依存に至る過程において、虐待や差別、誤解や偏見など、社会的に排除された経験を有していたり、他の人には伝えにくい心の傷を抱えていたりする人が少なくありません。そうした人は、孤独感や不安、焦りなどを抱えている場合も多く、仮に適切な支援や治療を受けられなければ、地域社会における孤立の度を深め、問題が悪化する可能性もあります。こうしたことに鑑みると、地域社会において、依存の問題に対する適切な理解を促進するとともに、ご本人・ご家族の声に耳を傾け寄り添いながら、継続的な治療・支援を実施する体制を整備することは、依存の問題を抱える犯罪をした人たちの再犯防止、ひいては、あらゆる人たちとともに歩む「誰一人取り残さない」社会・誰もが安心して暮らせる社会の実現を図る上でも極めて重要であると考えます。本シンポジウムの開催に当たり、この実現に向けて、少しでも寄与することができれば幸いと考えます。

主 催 法務省 (大阪高等検察庁 大阪法務局 近畿地方更生保護委員会 大阪矯正管区)
協 力 大阪府
後 援 厚生労働省近畿厚生局、大阪府人権擁護委員連合会、更生保護法人近畿更生保護協会、近畿地方保護司連盟、近畿更生保護施設連盟、 近畿更生保護女性連盟、近畿地方BBS連盟、大阪矯正管区管内篤志面接委員協議会、大阪矯正管区教誨師連盟

依存の原因は何ですか?

依存の原因は何ですか?
簡単だよね?
薬物は依存を引き起こす。
しかし、それほど単純ではないかもしれません。

このビデオは、ヨハン・ハリのニューヨーク・タイムズのベストセラー「叫び声を追う:薬物戦争の最期と最後の日」からのものです。
詳細については、www.chasingthescream.comをご覧ください。

https://youtu.be/ao8L-0nSYzg

12-ステップの介入は、 薬物使用の減少に関して、 他の心理社会的な介入に 比べて良くもなく悪くも ない

違法薬物の乱用は、乱用者、その家族、友人、社会全体にまで、広範囲に及ぶ深刻な影響を及ぼす。望ましい介入プログラムというのは、違法薬物の使用とそれによるネガティブな結果を効果的に減少させ、その上費用対効果が高いものである。現在のエビデンスが示すことは、12-ステッププログラムの効果 は他の心理社会的介入と全く同様だということである。従って、プログラムの費用は重要な条件となる。 しかし、これらの研究の強度は弱く、12-ステッププログラムの有効性に関する更なるエビデンスが必要とされる。

違法薬物使用の減少に向けた12-ステッププログラムは、他の介入に比べて、良くも悪くもない(12-step programs for reducing illicit drug use are neither better nor worse than other interventions)Martin Bøg, Trine Filges, Lars Brännström, Anne-Marie Klint Jørgensen and Maja Karrman Fredrikksson抄録翻訳者:斧原 藍(Ai Onohara)

千葉教室 12月24日(月・祝)依存症予防教育推進事業 

平成30年度文部科学省委託事業
申込ページ
https://goo.gl/forms/7QQH4zdAgOn9WEHW2

依存の問題は、薬物だけでなくインターネット、ゲームなど幅広い分野に広がっています。実は私たちの身近にある依存について、一緒に考えてみませんか?

ハマってしまう背景に何があるのか。予防には何が大切なのか。

経験豊富な支援者、依存経験者、家族の視点から情報を共有し、皆様と一緒に考える新しいタイプの予防教室です。地域で予防や支援に関わってる方はもちろん、依存症って何? と思っている方もぜひご参加ください。

参加費無料 当日参加も可能です。定員:150名

開催日: 平成30 年12月24日(月・祝)13:30~17:00


開催地: 〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13-10
千葉県教育会館 303号会議室
アクセス:・JR千葉駅:徒歩20分 ・JR本千葉駅:徒歩12分 ・京成千葉中央駅:徒歩12分


お問い合わせ:
TEL: 03-5856-4824 Fax: 03-5856-4827 
または、E-mail:yakkaren@ck9.so-net.ne.jp

講師
芳山 隆一 氏(株式会社アスク・ヒューマン・ケア 企画開発室長)
成瀬 暢也 氏(埼玉県立精神医療センター 副病院長)
薬物依存当事者・家族
ネット・ゲーム依存サバイバー

プログラム詳細

13:30~
開会あいさつ・来賓あいさつ
薬物依存当事者(千葉ダルク)
ネット・ゲーム依存サバイバー
薬物依存者の家族(千葉菜の花家族会)
ネット・ゲーム依存とは(芳山 隆一 氏:株式会社アスク・ヒューマン・ケア 企画開発室長)
薬物依存症とは(成瀬 暢也 氏:埼玉県立精神医療センター 副病院長)
トークセッション(司会:近藤 京子 氏)

16:30~ 
アンケート記入・閉会

後援
千葉県、千葉市
千葉県教育委員会、千葉市教育委員会

主催
団体名:NPO法人全国薬物依存症者家族会連合会
代表者名:理事長 横川 江美子
所在地:東京都足立区竹ノ塚5-18-9-207
WEB:http://www.yakkaren.com/

依存症予防教育推進事業千葉教室 12月24日(月・祝) 

平成30年度文部科学省委託事業

依存の問題は、薬物だけでなくインターネット、ゲームなど幅広い分野に広がっています。実は私たちの身近にある依存について、一緒に考えてみませんか?

ハマってしまう背景に何があるのか。予防には何が大切なのか。

経験豊富な支援者、依存経験者、家族の視点から情報を共有し、皆様と一緒に考える新しいタイプの予防教室です。地域で予防や支援に関わってる方はもちろん、依存症って何? と思っている方もぜひご参加ください。

参加費無料 当日参加も可能です。定員:150名

開催日: 平成30 年12月24日(月・祝)13:30~17:00
会場: 〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13-10
千葉県教育会館 303号会議室

アクセス:・JR千葉駅:徒歩20分 ・JR本千葉駅:徒歩12分 ・京成千葉中央駅:徒歩12分
お問い合わせ:
TEL: 03-5856-4824 Fax: 03-5856-4827
または、E-mail:yakkaren@ck9.so-net.ne.jp

講師
芳山 隆一 氏(株式会社アスク・ヒューマン・ケア 企画開発室長)
成瀬 暢也 氏(埼玉県立精神医療センター 副病院長)
薬物依存当事者・家族
ネット・ゲーム依存サバイバー

プログラム詳細

13:30~
開会あいさつ・来賓あいさつ
薬物依存当事者(千葉ダルク)
ネット・ゲーム依存サバイバー
薬物依存者の家族(千葉菜の花家族会)
ネット・ゲーム依存とは(芳山 隆一 氏:株式会社アスク・ヒューマン・ケア 企画開発室長)
薬物依存症とは(成瀬 暢也 氏:埼玉県立精神医療センター 副病院長)
トークセッション(司会:近藤 京子 氏)

16:30~ 
アンケート記入・閉会

後援予定
千葉県
千葉市
千葉県教育委員会
千葉市教育委員会

主催
団体名:NPO法人全国薬物依存症者家族会連合会
代表者名:理事長 横川 江美子
所在地:東京都足立区竹ノ塚5-18-9-207
WEB:http://www.yakkaren.com/

平成29年度木津川ダルク事業決算報告書

木津川ダルクは、NPO法人アパリにて、年間の収支をまとめた決算報告書を作成し、所轄庁である東京都へ毎年提出しています。

平成29年度NPO法人アパリ木津川ダルク決算報告書

本年度は、新規12名の入所者を受け入れました。
結のぞみ病院メッセージ活動 年間24回
講演活動、教育機関や地域、各種団体 年間30回
関西圏ダルク施設長会議 4回
電話及び来所相談 多数回

イベント・研究協力、参加
■ リカバリーパレードin関西
■ AIDS文化フォーラムin京都
■ 多様化する嗜癖・嗜虐行動からの回復を支援するネットワークの構築
■ 奈良県精神保健福祉センター主催 薬物依存回復プログラム「しかーぷ」年間24回

 

アディクション・リカバリー・サポート・センター設置事業延期のお知らせ

拝啓  秋涼のみぎり、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

さて、2017年秋より、『アディクション・リカバリー・サポート・センター』設置に向け、皆様にご寄付のお願いをしてきたところではありますが、同時に申請しておりました助成金申請が不採用になり、当初の目標額の500万円を集めることが出来ませんでした。これまでに皆様からのご寄付も60万円が集まりましたが、当初目標の500万円にまだまだ足りません。

本来であれば2018年度中にセンター設置予定でしたが遅れが生じています。このような事態になってしまったことをご寄付頂いた皆様に申し訳ない限りです。期待されていた皆様、当センターのご利用を考えてくださった皆様、関係者の皆様には心より深くお詫び申し上げます。

一日も早い設置のために、代表及びスタッフ、関係者と共に一生懸命に助成団体へのセンター設置助成金の申請を行いつつ、センター設置に向けた作業を進めておりますので、今しばらくお待ちください。

また、申し上げにくいことではありますが、引き続き、新規事業へのご賛同を頂きご寄付、ご支援、ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。センター設置後は必ず、京都府南部、大阪東部、奈良県北部地域に住まわれる皆様のお役に立てるものと確信しております。

御迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、今後ともNPO法人アパリ 木津川ダルクを何卒宜しくお願い致します。
敬具


1. 寄付金の目的
日中支援センターの設置
女性の依存者への支援

2. 設置場所
京都府南部地域にて障害福祉サービス事業における生活訓練施設設置初期費用
総額 500万円

【内訳】
物件借上げ費用 100万円
設備整備費用 150万円
障害福祉サービス事業指定報酬による運営までの維持費 200万円 (約4ヶ月)
予備費 50万円
3. 寄付金: 一口 3,000円より
郵便振替の場合は、
口座番号:(口座番号)00910 – 2 – 202402 (名義)木津川ダルク

銀行振込は、
京都銀行 木津支店 普通口座 口座番号:3765453
口座名:木津川ダルク 代表 加藤 武士 (キヅガワダルク ダイヒョウ カトウタケシ)

4. 受付・お問合せ
〒619-0214 京都府木津川市木津内田山117
NPO法人 アパリ 木津川ダルク 代表 加藤 武士
TEL&FAX : 0774-51-6597

ダルク追っかけ調査 2018年9⽉報告 (第4回ダルク意⾒交換会)

 

研究⽬的
• ダルク利⽤者を前向きに追跡し、薬物使⽤状況を含む予後を明らかにすること
• 2016年10⽉から全国のダルク利⽤者を対象としたコホート研究を⽴ち上げた。
• 本報告では、ベースラインから1年6ヶ⽉後のフォローアップ調査までの結果をもとに、利⽤者の予後を報告する。

断薬率・断酒率の推移
1年6ヶ月後における完全断薬率、約70%

再使⽤率の推移(薬物・アルコール)
1年6ヶ月後における再使用率、
薬物:約12%、アルコール:約22%

社会的・福祉的な回復
1年6ヶ月後における未就労率は、45%
1年6ヶ月後における⽣活保護受給率は、64.3%
1年6ヶ月後における一般就労率は、15.7%
当事者が主体となったダルクの活動は、薬物再使⽤の抑⽌効果だけでなく、社会的・福祉的回復にも効果があることが⽰唆される

完全断薬率を⾼める要因
利⽤者・職員との関係性が良好、回復のモデルとなる仲間がいる
プログラム参加への積極性は有意差なし

1年6ヶ⽉時点での⾃助グループ参加頻度と再使⽤率(1年6ヶ⽉まで)との関係
自助グループの参加頻度が低いと再使用率が上昇する

などなど

以下、バナーをクリックして頂くとPDFファイルをご覧いただけます。


ダルク追っかけ調査2018年9月報告要約

民間支援団体利用者のコホート調査と支援の課題に関する研究(国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部)