青少年健全育成依存症関連家族教室

アパリウエストでは、青少年の薬物問題や依存で困っている家族を対象とした家族教室を開催しています。

薬物依存及び、その他の依存(嗜癖)に対する正しい知識を得ること、家族が対応について学ぶこと、また心身ともに疲れている家族が健康を取り戻すことを目的としています。青少年の薬物やその他の依存問題で苦しんでいるご家族のご参加をお待ちしております。

連続8 回で1 クールの講座です。講義に加えてグループワークやロールプレイなどを行っています。全8 回ですが、どこの回からも参加出来ますし、1 クール終了しても引き続きご参加いただけます。

2019年後期スケジュール
2019年 10/15(火)・11/19(火)・12/17(火)
2020年 1/21(火)・2/18(火)・3/17(火)

講師
加藤 武士(木津川ダルク・代表)
松田 美枝(京都文教大学・臨床心理士/精神保健福祉士)

日時:毎月第 3 火曜日 13:00 ~ 16:00
場所:おおさかドーンセンター 4 階中会議室2 号室
大阪市中央区大手前1 丁目3 番49 号
費用:お一人3,000 円(ご夫婦等で2 名で参加の場合は、4,000 円)
お問合せ:木津川ダルク 0774-51-6597 :アパリ東京本部 03-5925-8848

ワーク内容 (8 回で1 クールの講座です。)
第1回 薬物依存症によるダメージと回復
第2回 薬物への欲求と「きっかけ」「危険な状況」への対処について
第3回 薬物依存症者の心にある2つの考え
第4回 本人・家族の心の成長-自律心・自尊心を伸ばす関わり
第5回 気持ちの回復:家族自身の気持ちと本人の気持ちの両方を大事にする
第6回 子どもの成長を助ける関わりについて
第7回 薬物問題を持つ人の家族の回復プログラム
第8回 あなたの環境や状態をいいものに変えよう


画像をクリックして頂くとPDF版のチラシをご覧いただけます。

 

このホームページ内にあるPDF書類をご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。下のアイコンをクリックすると、Adobe Readerを無料でダウンロードできます。

「依存症からの回復と地域社会」について考える AIDS文化フォーラムin京都

皆様におかれましては、ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、龍谷大学では下記のとおり「第9回AIDS文化フォーラムin京都」を開催するはこびとなりました。

近年、SNS・インターネット依存、摂食障害、DV・虐待など、さまざまな嗜癖・嗜虐行為(依存症)が問題となっています。これらの問題は私たちに身近なものといえます。
そこで、この機会に、田代まさし氏をお招きし、地域のみなさまとともに、依存症の問題について考えてみたいと思っております。
ぜひとも万障お繰り合わせの上、ご参加下さいますようお願い申し上げます。

日程:2019年10月6日(日)13:00~16:30
場所:龍谷大学深草キャンパス和顔館 B107 定員300名

依存が病であるという認識は広まっています。しかし,いざ自分の身の周りの問題となるとコミュニティはアディクトを誤解し,関わることを避けようとすることが少なくありません。そこで,今回は,課題共有型“えんたく”のスキームを使ってこの問題を考えてみます。

センターテーブルメンバー
石塚伸一(龍谷大学)
田代まさし(日本ダルク)
加藤武士(木津川ダルク)
金尚均(龍谷大学)
メディア関係者
京都ダルク
地域住民

JST/RISTEX(社会技術研究開発事業)安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築「多様化する嗜癖・嗜虐行動からの回復を支援するネットワークの構築」(ATA-net)研究代表石塚伸一(龍谷大学)

龍谷大学犯罪学研究センター

近畿ブロック再犯防止シンポジウム テーマ:依存の問題を抱える犯罪をした者等への支援の在り方

法務省大阪矯正管区更生支援企画課

近畿ブロック再犯防止シンポジウム
テーマ:依存の問題を抱える犯罪をした者等への支援の在り方
2019年11月1日(金)13:00~17:00(12:00開場)

令和元年度_近畿ブロック再犯防止シンポジウム(依存の問題を抱える犯罪をした者等への支援の在り方)PDFファイル

ドーンセンター 7階ホール(定員500名)
大阪市中央区大手前1丁目3番49号

参加無料 事前申込
お申込み:メールまたはファックスにてお申し込みください。詳しくはチラシ裏面を御覧ください。

申込期限:10月25日(金)

基調講演
依存症からの“回復”とは?
埼玉県立精神医療センター副病院長 精神科医
成瀬 暢也

日本では数少ない依存症治療の専門医。
著書に 「アルコール依存症治療革命」(中外医学社)、「薬物依存症の回復支援ハンドブック - 援助者、家族、当事者への手引き」 など。

パネルディスカッション
依存症からの“回復”を支えるために
コーディネーター
ひがし布施クリニック院長 辻本 士郎

パネリスト
藤井クリニック医療相談室長 藤井 望夢
木津川ダルク代表 加藤 武士
全国ギャンブル依存症家族の会 大阪 植田 弘子
大阪刑務所分類審議室 首席矯正処遇官 南部 昭文

開催趣旨
犯罪をした人たちの中には、犯罪などの問題行動に至る背景の一つとして、薬物依存症やアルコール依存症、ギャンブル依存症、クレプトマニア(窃盗症)など依存の問題を抱える人も少なくありません。こうした依存の問題と犯罪との関連性は個々の事案により様々ですが、これらの依存の問題を抱えた人に対しては、関係機関や民間団体など様々な団体とも連携・協力しつつ、依存に至る背景を含め、対象者一人一人の特性を的確に把握した上で、その人にとって適切な支援を選択し、一貫性を持って継続的に働き掛けることが重要です。

本年度の再犯防止シンポジウムは、「依存の問題を抱える犯罪をした者等への支援の在り方」を開催テーマとして、依存の問題と再犯を取り巻く現状、課題及び解決策について、広く国民の理解を促進し、地域社会における依存の問題を抱える犯罪をした人たちに対する継続的な治療や支援の実施に向けた機運を高めることを開催趣旨としています。

また、依存の問題を抱える犯罪をした人の中には、依存に至る過程において、虐待や差別、誤解や偏見など、社会的に排除された経験を有していたり、他の人には伝えにくい心の傷を抱えていたりする人が少なくありません。そうした人は、孤独感や不安、焦りなどを抱えている場合も多く、仮に適切な支援や治療を受けられなければ、地域社会における孤立の度を深め、問題が悪化する可能性もあります。こうしたことに鑑みると、地域社会において、依存の問題に対する適切な理解を促進するとともに、ご本人・ご家族の声に耳を傾け寄り添いながら、継続的な治療・支援を実施する体制を整備することは、依存の問題を抱える犯罪をした人たちの再犯防止、ひいては、あらゆる人たちとともに歩む「誰一人取り残さない」社会・誰もが安心して暮らせる社会の実現を図る上でも極めて重要であると考えます。本シンポジウムの開催に当たり、この実現に向けて、少しでも寄与することができれば幸いと考えます。

主 催 法務省 (大阪高等検察庁 大阪法務局 近畿地方更生保護委員会 大阪矯正管区)
協 力 大阪府
後 援 厚生労働省近畿厚生局、大阪府人権擁護委員連合会、更生保護法人近畿更生保護協会、近畿地方保護司連盟、近畿更生保護施設連盟、 近畿更生保護女性連盟、近畿地方BBS連盟、大阪矯正管区管内篤志面接委員協議会、大阪矯正管区教誨師連盟

安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」研究開発領域「多様な嗜癖・嗜虐行動からの回復を支援するネットワークの構築 報告会

【ATA-net 最終報告会】
JST/RISTEX「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」研究開発領域「多様な嗜癖・嗜虐行動からの回復を支援するネットワークの構築」

日時:2019年9月16日(月・祝)
参加費:無料
定員:先着150名
【ご挨拶】 
 わたしたちは、2016年10月から、JST/RISTEXの委託を受け、「公」と「私」の間にアディクションからの回復を支援する「ゆるやかなネットワーク」という新たな公共圏を構築するための事業を行ってきました。本事業は、2019年9月をもって終了します。今回は、その最終報告会です。
 
 アルコール・薬物への依存、DVや虐待、性暴力、ギャンブル、万引き・摂食障害、インターネット依存などの多様な嗜癖・嗜虐行動(アディクション)の背景には、必ずと言ってよいほど「孤立」があります。これに対応するには、公私の領域を超えた支援モデルが不可欠です。
 
 最終報告会では、この3年間の成果を発表するとともに、新たに開発した課題共有型“えんたく”というコミュニケーション・スキーム実装の第一歩にしたいと思います。
 
 多くの協力者のみなさま、また、新たに関心をお持ちいただいたみなさまには、万障お繰り合わせの上、ご参集いただきたいと思います。(石塚伸一さん:龍谷大学教授)
 
総会:(午前)最終報告会(10:00〜11:15)
開会式あいさつ(RISTEX)
1.最終報告書
(0)石塚伸一さん(龍谷大学教授)「全体報告」
(1)石塚伸一さん(龍谷大学教授)「薬物依存」
(2)中村 正さん(立命館大学教授)「暴力行動」
(3)藤岡淳子さん(大阪大学教授)「性問題行動」
(4)後藤弘子さん(千葉大学教授)「クレプトマニア・摂食障害」
(5)西村直之さん(認定NPO法人リカバリーサポート・ネットワー)「ギャンブリング行動」
(6)橋元良明さん(東京大学教授)「SNS・携帯電話依存」
(7)指宿信さん(成城大学教授)「TJ:セラピューティック・ジャスティス」
(8)中村正さん(立命館大学教授) 「デジスタンス」
(9)石塚伸一さん(龍谷大学教授)「ハームリダクション」
(10)土山希美枝さん(龍谷大学教授)「ENTAKU」
まとめ
=休憩=
2.鼎談(11:30〜12:30)
「治療的司法の実践〜ジュスティス(正義)とケア(配慮)のあいだ〜」
聞き手:中村正さん(立命館大学教授)
聞かれる人:菅原直美弁護士/山田恵太弁護士/他
*(対案)対談:中村正さん vs. 交渉中「ネガティブ・ケイバビリティ」
 
(昼休み)12:30〜13:30
ランチョン・スピーカー
橋元良明さん(東京大学教授)
指宿信さん (成城大学教授)
西村直之さん(認定NPO法人リカバリーサポート・ネットワー)
 
(午後)【大えんたく】13:30〜16:00
「”えんたく”を”えんたく”する〜ジャスティスとケアのあいだ〜」
コーディネーター:上岡陽江さん(ダルク女性ハウス)
出席者:
大嶋栄子さん(NPO法人リカバリー)
古藤吾郎さん(日本薬物政策アドボカシーネットワーク)
牛木潤子さん(福島刑務所)
楳原節子さん(NPO法人京都マック)
後藤弘子さん(千葉大学教授)
大矢大(おおやクリニック)
 
(1)”えんたく” 
 =休憩=
(2)分かち合い
閉会式

「これからの依存症予防教育 ~依存症は回復可能な問題~」第9 回AIDS 文化フォーラムin 京都レッドリボン大作戦「つなぐ」「つながる」今、できること プレイベント

第9 回AIDS 文化フォーラムin 京都レッドリボン大作戦「つなぐ」「つながる」今、できること

プレイベント
「これからの依存症予防教育 ~依存症は回復可能な問題~」
日程:2019 年9月29日(日)13:00 ~ 18:00
会場:龍谷大学深草キャンパス紫光館 4 階 法廷教室
京都府京都市伏見区深草西浦町1

AIDS文化フォーラムin京都プレフォーラムちらし

プログラム
13:30 ~ 松本俊彦さん講演
15:00 ~ 休憩
15:30 ~ えんたく
18:00 ~ 終了

「これからの依存症予防教育 ~依存症は回復可能な問題~」
講 演 : 松本 俊彦 さん (国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 薬物依存研究部長 部長)
小中学校・高等学校で薬物乱用防止教室が開かれていますが、 多くが『ダメ!絶対!』の視点での防止教育であり薬物に手を出してしまった若者やその家族を地域から孤立させ、医療や福祉につながる道を閉ざしかねず、地域社会の回復力を逓減させていきます。また、薬物問題に限らず、性教育、感染症、ジェンダーの問題、人権教育など様々な健康学習が必要に迫られています。
そのような中、『これからの依存症予防教育』を開催し、教育関係者、地域住民に解決に向けた正しい取り組みや理解を深めるための場を提供します。『依存症は回復可能な問題』であることを伝え、地域の予防教育資源である教育者、保護者、当事者、関係者等の連携の一助になるよう開催いたします。

えんたく
当事者の主体性をもとに、当事者をとりまく課題をめぐる情報をもつ多様なステークホルダーと参加者が集まり、話し合いを通じて課題を共有し(あるいは課題の解決を目指し)、緩やかなネットワークを構築していく話し合いの場が必要です。
わたしたちは、この「課題共有型(課題解決指向型)円卓会議」を「えんたく」と名づけ、さまざまなアディクション問題解決に役立てることをめざしています。

サークルメンバー
石塚 伸一 さん(龍谷大学法学教授)
加藤 武士 さん(木津川ダルク)
谷家優子さん(公認心理師)
土肥 いつき さん(高校教諭)
松本 俊彦 さん(精神科医)
匿名さん(依存者家族)
匿名さん(地域住民)

主催:AIDS 文化フォーラムin 京都
共催:龍谷大学犯罪学研究センター
研究助成:JST/RISTEX(社会技術研究開発事業)
安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築「多様化する嗜癖・嗜虐行動からの回復を支援するネットワークの構築」
(ATA-net)研究代表・石塚 伸一(龍谷大学教授)
お問合せ:AIDS 文化フォーラムin 京都
information@hiv-kyoto.com
担当 加藤(木津川ダルク)
TEL:0774-51-6597

京都文教大学福祉心理学公開授業

薬物依存からの回復支援
~援助専門職に求められること~

日時:2019年7月5日(金) 16:20~17:50
場所:京都文教大学G102教室(宇治市槙島町千足80)

内容:16:20~16:50 アディクション-信頼障害と自己治療の病
(京都文教大学臨床心理学部 松田美枝)

16:50~17:40  司法と福祉の間にあるアディクション問題
(木津川ダルク施設長 加藤武士氏)

17:40~17:50   質疑応答

あるものを習慣的に使用し、健康や生活に支障があると分かっていても耽溺してしまう状態のことを「アディクション(嗜癖)」と言います。アルコール、薬物、食べ物、買い物、ギャンブル、インターネット、ゲーム、恋愛など、嗜癖の対象は多岐にわたります。人生が思い通りにいかないとき、孤独なとき、疲れているとき、存在の意味が見出せないときなど、人は心と行動が依存対象に向かいやすくなると考えられます。

本講座では、木津川ダルク施設長であり、アディクト当事者でもある加藤武士さんをお招きし、アディクションとそこからの回復について理解を深めつつ、生きづらさを抱えながら共に生きることについて考えます。

※参加無料、事前申込不要
協力:NPO法人アパリ木津川ダルク

 

 

第4回 リカバリー・パレードin大阪 「回復の祭典」

今年も大阪でリカバリー・パレードin大阪「回復の祭典」を開催します。
9月28日(土) 11:00~
大阪市靭公園四ツ橋筋側広場集合(大阪府大阪市西区靱本町1丁目9-20) ~ ゴールの元町中公園(大阪府大阪市浪速区元町1丁目6)でパレード

アフターフォーラムは、
14:00より 湊町リバープレイス・プラザ1(大阪府大阪市浪速区湊町1丁目3-1)で開催

「リカバリー・パレード」とは

(1)私たちは回復者、家族、友人、支援者、賛同者で一緒に回復の喜びを分かち合い、回復があることを社会にアピールします。
(2)私たちは依存症、心の病から回復するための手助けをします。
(3)私たちは回復者(団体)同士の交流を深め、社会との協力関係をつくります。

「回復」について 「回復」とは何でしょうか。
私たちは何が回復か(何が回復でないか)を決めません。その人本人が、以前より良くなったことを喜べるのなら、それが「回復」です。特定のグループ(例えば12ステップグループ)の回復の考え方を採用することもしません。回復は人それぞれです。

合言葉は『回復』
私たちが直面した病気・困難の状況、あるいは回復の仕方は、様々です。その私たちが共通して示すことができる「回復」を合言葉にしよう! とする中で「依存症、精神障がい、生きづらさからの回復」と表すことになりました。参加者の一人一人が、いずれかあるいはいくつかに当てはまる言葉になっています。

今回、京都では2回目の取り組みになります。昨年は雨のためパレードはできませんでしたが、今年はぜひ多くの仲間、支援者(支援されてる方、これからしたい方含めます)家族の方、回復を一緒に分かち合っていただける方々などお声かけ頂き、ご参加して頂ければ幸いです。

大阪の街で回復の声を一緒に響かせませんか。

※ 9月28日(土)11:00に大阪市靭公園四ツ橋筋側広場集合(大阪府大阪市西区靱本町1丁目9-20)に集合です。

※ アフターフォーラムは、14:00より 湊町リバープレイス・プラザ1(大阪府大阪市浪速区湊町1丁目3-1)で開催

リカバリー・パレード関西実行委員会 加藤

メール:recoveryparade_kansai@yahoo.co.jp

URL:https://recoveryparade-kansai.jimdo.com/

2019リカパレ大阪PDFチラシ

Acrobat Reader DC
以下のバナーから無料のAcrobat Reader DCダウンロードサイトに移動できます。PDFの表示、印刷、注釈の追加が可能です。

山形教室 「あなたの身近にある依存症」

山形教室 「あなたの身近にある依存症」依存症予防教育推進事業 

開催日: 令和元年9月29日(日)13:30~17:00
開催地: 〒990-0041 山形県山形市緑町1丁目2−36
山形県 生涯学習センター 第1研修室(3F)
参加費無料 当日参加も可能です。定員:105名

お申込フォーム
https://forms.gle/pfoDFDAi4xMaNvCT6

令和元年度文部科学省委託事業

依存の問題は、薬物だけでなくインターネット、ゲームなど幅広い分野に広がっています。実は私たちの身近にある依存について、一緒に考えてみませんか?

ハマってしまう背景に何があるのか。予防には何が大切なのか。

経験豊富な支援者、依存経験者、家族の視点から情報を共有し、皆様と一緒に考える新しいタイプの予防教室です。地域で予防や支援に関わってる方はもちろん、依存症って何? と思っている方もぜひご参加ください。

講師
本間 史祥 氏 (子どものネットリスク研究会研究員)
小林 桜児 氏(神奈川県立精神医療センター専門医療部長)
薬物依存当事者・家族
ネット・ゲーム依存サバイバー

プログラム詳細

13:30~ 開会あいさつ・来賓あいさつ
13:35~ 薬物依存当事者 (青森ダルク)
13:50~ ネット・ゲーム依存当事者・家族
14:05~ 薬物依存者の家族 (山形家族会)
14:20~ ネット・ゲーム依存とは (本間 史祥 氏 子どものネットリスク研究会研究員)
14:55~ 休憩
15:05~ 薬物依存とは (小林 桜児氏:神奈川県立精神医療センター専門医療部長)
15:40~ パネルディスカッション (司会 近藤 京子 氏)
16:25~ アンケート記入・閉会

開催日: 令和元年9月29日(日)13:30~17:00
開催地: 〒990-0041 山形県山形市緑町1丁目2−36
山形県 生涯学習センター 第1研修室(3F)

交通アクセス
<電車・バスでお越しの場合>
・JR山形駅から市役所経由路線バスで市役所前下車・徒歩5分
・JR山形駅からタクシーで約5分
<お車でお越しの場合>
山形自動車道・山形蔵王I.C.から約10分
駐車場について
遊学館には、駐車場はなく、施設周辺は駐車禁止となっておりますので、あらかじめご了承ください。機材等の搬入がある場合に限り、西側通用口前の駐車スペースを利用できます。(許可証の提示が必要です。)

<県営駐車場をご利用の場合>
県営駐車場をご利用の場合、下記の手続きにより、遊学館ご利用時間に応じて最大2時間まで割引が受けられます。
(手続き)入館時と退館時に1階総合受付に駐車券をご提示下さい。
【注意!】駐車券を忘れた場合、又は駐車券の提示を忘れた場合は、割引を受けられません。ご注意ください!

後援予定
山形県、山形県教育委員会
山形市、山形市教育委員会

お問い合わせ: TEL: 03-5856-4824 Fax: 03-5856-4827
または、E-mail:yakkaren@ck9.so-net.ne.jp

主催
団体名:NPO法人全国薬物依存症者家族会連合会
代表者名:理事長 横川 江美子
所在地:東京都足立区竹ノ塚5-18-9-207
WEB:http://www.yakkaren.com/

お申込フォーム
https://forms.gle/pfoDFDAi4xMaNvCT6

講演:「間違いだらけの薬物問題とその解決に向けて」

日時:令和元年7月13日(土)午前10時から正午まで
会場:城陽市立福祉センター ホール

・薬物やアルコール等の依存症になぜなるの?
・テレビの世界じゃない!薬物乱用を防止するためにみんなで考えたいこと
・決して他人事ではない!青少年のすぐそばに潜む薬物の恐ろしさ
・木津川ダルクでの最前線の活動の様子など

<講師> 木津川ダルク 代表 加藤 武士 氏

映画:<題名>「Voice !!!人権の教室」

【主催】
◇社会を明るくする運動城陽市推進委員会
◇ 城陽市青少年健全育成市民会議
◇ 城陽市教育委員会

※ 入場無料・事前申し込み不要
※ 当日は、満1歳以上のお子さんの保育をします。
保育をご希望の方は、前日までに教育委員会文化・スポーツ推進課( ℡ 56-4059 )までお申し込みください。

<市役所前駐車場について>
駐車台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関等を利用して、お越しください。

7月は、
◆ 第69回“社会を明るくする運動”全国強調月間です!
◆ 青少年の非行・被害防止全国強調月間です!

更生ペンギンのホゴちゃん「RE:スタート」

第69回“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~

本年の広報啓発物資のキャッチコピーは,「RE:スタート」(リスタート)です。英語で「再起動・再開」を意味し,より若年層に訴求しやすいようREをアルファベット,スタートをカタカナで表現し,デザイン化しています。

「過去のあやまち」から再出発し,未来に向かって挑戦できる,「つまずいても 立ち上がれる」社会を目指す願いが込められています。

爽やかな青色をメインカラーに,ホゴちゃんが描かれた疾走感のあるデザイ ンとなっています。

ポスターの構成は,非行ペンギンであった頃のホゴちゃんが,幸福の黄色い羽根と「生きるマーク」を手にして更生ペンギンとなり,未来に向けて飛び立つまでを描いています。

■第69回“社会を明るくする運動”について
更生保護のマスコットキャラクター「更生ペンギンのホゴちゃんとサラちゃん」に加え,彼らの立ち直りを支える「更生保護ボランティア」たちも登場し,運動を盛り上げます。
第69回“社会を明るくする運動”について詳しくはこちら

■“社会を明るくする運動”とは?
“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ~はすべての国民が,犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め,それぞれの立場において力を合わせ,犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動で,2019年で69回目を迎えます。

■地域のチカラが犯罪や非行を防ぐ
テレビや新聞では,毎日のように事件(犯罪)のニュースが報道されています。安全で安心な暮らしはすべての人の望みです。犯罪や非行をなくすためには,どうすればよいのでしょうか。取締りを強化して,罪を犯した人を処罰することも必要なことです。しかし,立ち直ろうと決意した人を社会で受け入れていくことや,犯罪や非行をする人を生み出さない家庭や地域づくりをすることもまた,とても大切なことなのです。
立ち直りを支える家庭や地域をつくる。そのためには,一部の人たちだけでなく,地域のすべての人たちがそれぞれの立場で関わっていく必要があります。“社会を明るくする運動”では,犯罪や非行のない地域をつくるために,一人ひとりが考え,参加するきっかけをつくることを目指しています。

■あなたもできることから始めてみませんか
“社会を明るくする運動”では,街頭広報,ポスターの掲出,新聞やテレビ等の広報活動に加えて,だれでも参加できるさまざまな催しを行っています。イベントに参加したり,このホームページを見たことなどをきっかけにして,犯罪や非行のない安全で安心な暮らしをかなえるために,今,何が求められているのか,そして,自分には何ができるのかを,みなさんで考えてみませんか。