依存者回復支援型自動販売機設置事業

「支援型自動販売機」で、依存者の回復を支援する活動のパートナーになってください。

  • 飲料代金から1本につき10円が依存者回復支援活動へに使われます。(一本当たりの支援額は任意で決定することができます。)
  • 飲み物の種類は自由にお選びください。
  • 皆様からの支援金の使途や活動状況は当ウェブサイトで報告します。

設置申込書申し込み用紙

これまで「支援型自動販売機」でいただいたご支援
(平成29年9月〜平成30年4月)
1台  0円
公益財団法人 復光会 垂水病院 様

設置していただくには?

「依存者回復支援型自動販売機」の設置をご検討の場合は、ぜひお気軽にお電話でご相談ください。
設置・置き換えを希望される方はお電話かFAXで、アパリウエストへお申し込みください。

TEL&FAX:0774-51-6597

設置申込書ダウンロード

また、ご希望の飲み物にも対応いたしますのでご相談ください。
商品の入れ替え、空き缶・ペットボトルの回収、売上金の管理などはすべて飲料会社が行いますので、ご安心ください。
設置までの調整は、飲料会社にお手伝いいただいています。

お金の流れは?

  • 飲み物代から、10円が「NPO法人 アパリ ウエスト 依存者回復支援事業」に充てれます。(一本当たりの支援額は任意で決定することができます。)
  • 飲料会社が飲み物代を回収します。通常の自動販売機とまったく同じです。
  • 回収した飲み物代から「NPO法人 アパリ ウエスト 依存者回復支援事業」に振り込まれます。(一本当たりの支援額は任意で決定することができます。)
  • 振込は飲料会社が行いますので、設置された方の手間や費用は一切かかりません。
  • 設置された方の収入は、飲料会社との契約により異なりますが、設置された収入のなかから1本につき10円をご支援いただく仕組みになっています。(一本当たりの支援額は任意で決定することができます。)
  • 販売数量が見込めない場合、食の安全が保てなくなります。飲料会社社員が現地訪問し自動販売機の設置を断念せざるを得ない場合があります。

設置していただくと、こんなメリットが

  • 1本につき10円の社会貢献が気軽にできます。
  • 設置された企業・団体は、NPO法人 アパリ ウエストのウェブサイト上や機関誌でご紹介します。
    CSR活動が社会的に認知され、イメージアップを図ることができます。
  • 最新のヒートポンプ式を採用していますので、旧型からの置き換えの場合、電気代とCO2の削減に貢献できます。
    年間消費電力量=約600KW・h
    1か月平均2,000円以下となります。
    *自動販売機のサイズ・販売数量・周辺環境により変動します。詳しくは飲料会社社員が説明します。
  • 社員・職員・学生・市民が自動販売機を利用することにより、モラルが向上し、コミュニケーションも広がります。
  • また、もしも社員・職員・学生・市民が依存の問題を抱えた時、相談できる場所、支援団体がすぐ分かります。

よくあるお問合せ

  • 説明を受けたり、申込みをするためには、どうすればいいのですか?
  • 電話、FAX、メールのいずれかで、「NPO法人 アパリ ウエスト」までご連絡ください。設置についてご説明し、資料や申込用紙をお送りします。
  • この支援型自販機は、設置者の金銭的負担は全くないのですか?
  • 自動販売機の新設・置き換えは無料です。(ご負担は電気代のみ) 自動販売機の売り上げ代金のうち、設置者が受け取る手数料の中から、飲み物1本につき10円を支援金としていただく仕組みです。(一本当たりの支援額は任意で決定することができます。)
  • 支援金は、設置者が振り込むのですか?
  • 飲料会社が自動販売機から回収した飲み物代金から、1本につき10円を支援金として、NPO法人 アパリ ウエストに振り込みます。(一本当たりの支援額は任意で決定することができます。)

トップページへ