京都府 平成30年度 宗教法人関係者 人権問題研修会

京都府と京都府宗教連盟では、南部と北部の2会場で、人権問題研修会を開催いたします。
薬物依存症というと、覚醒剤や大麻などの違法薬物を使用する一部の人の問題と思われがちで、偏見から、依存者その家族、依存から回復した人等への差別の問題が起きています。
あらゆる人権に配慮することが求められており、薬物問題に悩んでいる当事者や家族等を地域社会で支えることが必要です。

※宗教法人の代表者をはじめ信者の方、そして府民のどなたでもご参加いただける研修会です。
是非、多数ご来場ください。

講演:「薬物依存問題の理解と支援に向けて」
講師:木津川ダルク 代表加藤武士( かとうたけし) 氏

こころの病、依存症、生きづらさなどから回復の道を歩んでいる本人と家族、友人、支援者、賛同者が、回復の喜びを祝う「リカバリー・パレード」などを紹介した映像を鑑賞し、依存者の回復を支える地域社会について考えましょう。

京都府 平成30年度 宗教法人関係者 人権問題研修会チラシ

日程・会場
平成30年9月11日(火)  (南部会場)
13:00~16:30 (受付12:30~)
京都ガーデンパレス 2階葵 (あおい)
京都市上京区烏丸通下長者町上ル龍前町606
TEL 075 (411) 0111

平成30年9月14日(金)  (北部会場)
13:00~15:30 (受付12:30~)
宮津市中央公民館 (みやづ歴史の館) 3階大会議室
場宮津市字鶴賀2164
TEL 0772 (20) 3390

お申込み・お問合せ
京都府文化スポーツ部文教課宗教法人・文化財担当
電話075 (414) 4522 FAX : 075 (414) 4523

主催:京都府、京都府宗教連盟

 

青森教室 平成30年度文部科学省委託事業依存症予防教育推進事業

日程
平成30年8月18日(土)13:00~17:00

会場
青森県観光物産館アスパム

参加費:無料 当日参加可能

定員:140名
講師
小林 桜児氏:神奈川県立精神医療センター専門医療部長
子どものネットリスク研究会研究員
薬物依存当事者・家族

新しい依存症予防教育教育
関係者や保護者、地域住民に依存症に対する正しい理解を深める場を提供します。

依存の問題は、薬物だけでなくインターネット、ゲームなど幅広い分野に広がっています。実は私たちの身近にある依存について、一緒に考えてみませんか︖

ハマってしまう背景に何があるのか。予防には何が大切なのか。経験豊富な支援者、依存経験者、家族の視点から情報を共有し、皆様と一緒に考える新しいタイプの予防教室です。

地域で予防や支援に関わってる方はもちろん、依存症って何︖ と思っている方もぜひご参加ください。

プログラム詳細

13:00~   開会あいさつ・来賓あいさつ
薬物依存当事者(青森ダルク)
ネット・ゲーム依存当事者(手記又はビデオ)
薬物依存者の家族(青森家族会)
ネット・ゲーム依存とは(子どものネットリスク研究会研究員)
薬物依存症とは(小林 桜児氏:神奈川県立精神医療センター専門医療部長)
トークセッション(司会 近藤 京子 氏)
16:25~   アンケート記入・閉会

後援
青森県・青森県教育委員会・青森県養護教員会・青森市・青森市教育委員会

青森教室 依存症予防教育チラシ

参加申し込みページ
https://goo.gl/forms/D8AQRxJrpFz5JImd2


小中学校・高等学校で薬物乱用防止教室が開かれていますが、「単発で時間が短い、保護者が集まらない」などの課題が指摘されています。又“ダメ。ゼッタイ。”の視点だけの予防教育だけでは、薬物に手を出してしまった若者やその家族を地域から孤立させ、医療につながる道を閉ざしかねず、地域社会の回復力を逓減させていきます。更に、ネット依存やゲーム依存の広がりは大きく、保護者は大きな不安を抱えています。

そのような中、3つの自治体(青森県、京都府、千葉県)で「依存症予防教室」を開催し、保護者や教育関係者、地域住民に依存症に対する正しい理解を深める場を提供します。そして、医療従事者等と共に依存症当事者やその家族の経験を伝え、回復の困難さとともに依存症は回復できる病であることを伝え、地域の相談支援体制の重要さへの理解を促し、地域の予防教育資源である教育者、保護者、当事者、支援者等の連携の一助になるよう「依存症予防教室」を取り組みます。

平成30年度文部科学省委託事業依存症予防教育推進事業ホームページ

京都教室 文科省 平成30年度「依存症予防教育推進事業」

日程:平成30年11月4日(日)13:30~17:00

会場:龍谷大学 深草キャンパス 紫光館 4階 法廷教室

参加費:無料 定員:150名

講師
小林 桜児 氏:神奈川県立精神医療センター専門医療部長
橋元 良明 氏:東京大学大学院情報学環・教授
薬物依存当事者・家族
ネット依存当事者・家族

新しい依存症予防教育教育
関係者や保護者、地域住民に依存症に対する正しい理解を深める場を提供します。

依存の問題は、薬物だけでなくインターネット、ゲームなど幅広い分野に広がっています。実は私たちの身近にある依存について、一緒に考えてみませんか︖

ハマってしまう背景に何があるのか。予防には何が大切なのか。経験豊富な支援者、依存経験者、家族の視点から情報を共有し、皆様と一緒に考える新しいタイプの予防教室です。

地域で予防や支援に関わってる方はもちろん、依存症って何︖ と思っている方もぜひご参加ください。

プログラム詳細

13:30~開会あいさつ・来賓あいさつ
薬物依存当事者(ダルク)
ネット・ゲーム依存当事者(手記又はビデオ)
薬物依存者の家族(びわこ家族会)
ネット・ゲーム依存者の家族(アパリウエスト家族教室)
ネット・ゲーム依存とは(橋元 良明 氏:東京大学大学院情報学環・教授)
薬物依存症とは(小林 桜児氏:神奈川県立精神医療センター専門医療部長)
トークセッション(司会 近藤 京子 氏)
16:40~ アンケート記入・閉会

後援
龍谷大学犯罪学研究センター
京都新聞・毎日新聞社京都支局・産経新聞社京都総局
(予定)
京都府・京都市・京都府教育委員会・京都市教育委員会

依存症予防教育 京都教室チラシ

参加申し込みサイト
https://goo.gl/forms/rQHSZkWjZPpkRyH82


小中学校・高等学校で薬物乱用防止教室が開かれていますが、「単発で時間が短い、保護者が集まらない」などの課題が指摘されています。又“ダメ。ゼッタイ。”の視点だけの予防教育だけでは、薬物に手を出してしまった若者やその家族を地域から孤立させ、医療につながる道を閉ざしかねず、地域社会の回復力を逓減させていきます。更に、ネット依存やゲーム依存の広がりは大きく、保護者は大きな不安を抱えています。

そのような中、3つの自治体(青森県、京都府、千葉県)で「依存症予防教室」を開催し、保護者や教育関係者、地域住民に依存症に対する正しい理解を深める場を提供します。そして、医療従事者等と共に依存症当事者やその家族の経験を伝え、回復の困難さとともに依存症は回復できる病であることを伝え、地域の相談支援体制の重要さへの理解を促し、地域の予防教育資源である教育者、保護者、当事者、支援者等の連携の一助になるよう「依存症予防教室」を取り組みます。

https://isonyobou.jimdofree.com/

幼児期の外傷が生涯にわたって健康にどのように影響するか

子供の頃の外傷は、あなたが成長するにつれてあなたが乗り越えるものではありません。小児科医ナディーン・バーク・ハリスは、精神的健康や薬物乱用の問題を抱えている虐待、放置、父母の繰り返しのストレスは、脳の発達に実際に目に見える効果があると説明しています。これは生涯にわたって広がり、高レベルの外傷を経験した人は心臓病や肺がんのリスクの3倍になります。外傷の予防と治療に直面する小児科医のための熱心な嘆願、頭上。

このビデオはTEDMEDによって作成されました。TEDの編集者は、ホームページで私たちの毎日の選択の中でそれを特集しました。

アパリウエスト家族教室 6月以降予定

■アパリウエスト家族教室

家族教室_チラシ_2018
日程

アパリウエストでは、薬物の問題で困っている家族を対象とした家族教室を開催しています。
薬物依存等に対する正しい知識を得ること、家族の対応について学ぶこと、また、心身ともに疲れている家族が健康を取り戻すことを目的としています。青少年の薬物問題で苦しんでいるご家族のご参加をお待ちしております。

連続 8 回で 1 クールの講座です。講義に加えてグループワークやロールプレイなどを行っています。全 8 回ですが、どこの回からも参加出来ますし、1 クール終了しても引き続きご参加いただけます。

講師
加藤 武士(木津川ダルク・代表)
松田 美枝 氏(京都文教大学・臨床心理士/精神保健福祉士)

日程 
6/19(火) 第 6 回
子どもの成長を助ける関わりについて


7/17(火) 第 7 回
薬物問題を持つ人の家族の回復プログラム


8/21(火) 第 8 回
あなたの環境や状態をいいものに変えよう


9/18(火) 第 1 回
薬物依存症によるダメージと回復


10/16(火) 第 2 回
薬物への欲求と「きっかけ」「危険な状況」への対処について


11/20(火)第 3 回
薬物依存症者の心にある 2 つの考え


12/18(火)第 4 回
本人・家族の心の成長-自律心・自尊心を伸ばす関わり


1/15(火)第 5 回
気持ちの回復:家族自身の気持ちと本人の気持ちの両方を大事にする

 

 

第20回DARSバンクーバー調査報告会


2018 年7 月1 日(日)13:30 ~ 17:30
第20回DARSバンクーバー調査報告会

品川インターシティ 会議室5
東京都港区港南2-15-4
品川インターシティホール&貸会議室 B1F

資料代1,000 円

 

◆申し込みはクリック◆

2018 年 5 月、 わたしたち「チームバンクーバー2018」は、 「国際薬物政策研究協会 (International Society for Study on Drug Policy: ISSDP)」第12 回大会に参加し、「日本の薬物政策」 について報告しました。 また、 この機会を利用して、 ドラッグ ・ コート(薬物専門裁判所)、 Insite /Outsite(薬物注射施設)、 Last Door(薬物依存回復施)、 VANDU(ドラッグユーザー組織)を 訪問するとともに、サイモン ・ フレーザー大学とブリティッシュ・コロンビア大学の研究者と意見交換してきました。

今回は、7 月に嗜好品大麻合法化法施行を控えたこの都市の薬物政策の最前線を紹介したいと思います。

2018 年カナダ・バンクーバー薬物政策調査報告会報告者︓
石塚伸一(龍谷大学)
加藤武士(木津川ダルク)
高橋洋平(弁護士)
丸山泰弘(立正大学)
ディビッド・ブルースター(龍谷大学)
NADCP 報告︓尾田真言(アパリ)

主催︓DARS
研究助成︓JST/RISTEX(社会技術研究開発事業)安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築「多様化する嗜癖・嗜虐行動からの回復を支援するネットワークの構築」(ATA-net)研究代表・石塚 伸一(龍谷大学教授)、OSF(Open Society Foundations)

後援︓龍谷大学犯罪学研究センター/龍谷大学矯正保護・保護総合センター刑事司法未来プロジェクト

お問合せ︓NPO 法人アパリ ウエスト 木津川ダルク
TEL︓0774-51-6597  E-mail︓info@apari-west.org

バンクーバー報告会チラシ

出版記念セミナー『ダルク 回復する依存者たち 〜その実践と多様な回復支援〜』

いよいよ、出版です。
表紙がこんな感じになりそうです。

この度、私たちダルク代表者10名で書いた本
「 ダルク 回復する依存者たち 〜その実践と多様な回復支援〜」が 明石書店より出版されることになりました。2.000円になる予定です

つきましては、6月9日(土)午後、東京医科歯科大学にて、記念セミナーを行います。
当日は、私たちのほかに、埼玉精神医療センターの成瀬先生と、東京大学先端研究所の熊谷晋一郎さんが登壇されます。

【お申込み】お申込みはこちら

ぜひ、ご参加いただきたいと思います。
また、他の皆さまへの広報にご協力いただけましたら幸いです。

ご無理なお願いで心苦しいですが、
何卒よろしくお願いいたします。

著者一同

本文より〜

今回私たちは大きなチャレンジを行ったと思う。それは「分担」である。全国のダルク代表者たちが、ひとつの大きなテーマを分担して語るというのは、今までなかったチャレンジである。この過程において、私たちはどれだけ議論をしたことだろう。時にはまったく異なる意見がぶつかり合うこともあった。だが、その議論の中で私たちはお互いの信頼を獲得していったように思う。そして、この「信頼」こそが、本書の完成のキーワードだったように思う…

…本書の記述は、私たちがそれぞれの実践の中から感じ取ってきた「大切だと思うこと」である。そして、ここを基点に、今日からまた実践の積み重ねが続く。そして、時代の移り変わりの中でそれぞれが考え、議論し、分かち合っていくだろう。本書はそんな「これからの回復支援」に少しでも役立てばと思う…

ロイさん、ダルクを作ってくれてありがとう。この本を一番に手渡したいのは、ロイさんだったかも知れない…
文責 市川


日時:2018年6月9日(土)13:00〜17:00
18:30〜 懇親会

会場:東京医科歯科大学3号館2階 講義室1
最寄駅:御茶ノ水駅(JR中央線、地下鉄千代田線、地下鉄丸ノ内線)

お申込みはこちら
参加費:無料
主催:特定非営利活動法人 東京ダルク
共催:ダルク八重洲倶楽部
協賛:明石書店/NPO法人アパリ
問い合わせ:東京ダルク 03-3875-8808(担当:幸田)

演者
成瀬暢也氏
埼玉県立精神医療センター医師

熊谷晋一郎氏
東京大学先端科学技術研究センター准教授

著者ダルク施設長
長崎ダルク/中川 賀雅
木津川ダルク/加藤 武士
三重ダルク/市川 岳仁
仙台ダルク/飯室 勉
東京ダルク/幸田 実
藤岡ダルク/山本 大
栃木ダルク/栗坪 千明
千葉ダルク/白川 雄一郎
北海道ダルク/森 亨
山梨ダルク/佐々木 広
日本ダルク/近藤 恒夫

まえがき より

すでにご承知のとおり、「ダルク」は30年以上の経験を持つ、日本でも稀な当事者活動である。しかし、その具体的な活動内容については、実はあまり知られていないようにも思う。というのも、全国のダルクはそれぞれが独立した団体であり、その活動の価値観と方法論は実に多様だからである。今までダルクについて書かれたものは、創始者である近藤恒夫によるものか、各地の代表者たちによる、それぞれのダルクに関する記述だろう。 この点において、今回私たちは大きなチャレンジを行ったと思う。それは「分担」である。全国のダルク代表者たちが、ひとつの大きなテーマを分担して語るというのは、今までなかったチャレンジである。この過程において、私たちはどれだけ議論をしたことだろう。時にはまったく異なる意見がぶつかり合うこともあった。だが、その議論の中で私たちはお互いの信頼を獲得していったように思う。そして、この「信頼」こそが、本書の完成のキーワードだったように思う。
本書は基本的に三部構成になっている。 一部は「回復」に関すること、第二部は「実践」、第三部は「連携」についての記述である。

Amazon ダルク 回復する依存者たち――その実践と多様な回復支援 ダルク 

京都パレード・大阪パレードの予定 リカバリー・パレード関西実行委員会

今年の関西は、京都、大阪でパレードを行います。
詳しくは、チラシをご覧ください。
社会の偏見を取り除くのは、回復者自身の責任です。
私たちの事は、私たちの声で

京都パレード:9月9日(日)11:00~ 丸山公園集合

 

 

大阪パレード:9月23日(日)11:00~ 靭公園集合

アパリウエスト家族教室2018年5月からの予定

次回開催日は、5月15日(火)13:30~16:00
場所:おおさかドーンセンター 4階中会議室

アパリウエストでは、薬物依存の問題やその他依存(嗜癖)問題で困っている家族を対象とした家族教室を開催します!

アルコール依存・ギャンブル依存・インターネット依存など他の依存問題を持つ家族も対象としております。

6月19日(火)13:30~16:00
7月17日(火)13:30~16:00
8月21日(火)13:30~16:00
9月18日(火)13:30~16:00
10月16日(火)13:30~16:00

家族教室_チラシ_2018年5月~両面PDF版

薬物依存に対する正しい知識を得ること、家族が対応について学ぶこと、また心身ともに疲れている家族が健康を取り戻すことを目的としています。薬物の問題で苦しんでいるご家族のご参加をお待ちしております。

連続8回で1クールの講座です。講義に加えてグループワークやロールプレイなど行っていきます。全8回ですが、どこの回からも参加できますし、1クール終了しても引き続きご参加いただけます。