東アジア薬物依存者回復支援者(DARS)養成セミナーのご案内

2019年2月23日(土)・ 24日(日)各日10:00~17:00を予定

開催地:龍谷大学深草キャンパス・紫光館4階法廷教室 (京都市伏見区深草塚本町67)

主催 :薬物依存者回復支援(Drug Addicts Recovery Supports:DARS)、龍谷大学犯罪学研究センター(CrimRC)

わたしたちは、この30 年余りの間、欧米の薬物対策モデルを導入し、民間主導の回復支援スキームを展開してきました。このような民間団体による回復支援のスキームを、東アジア地域でも展開するため、このたび、「東アジア薬物依存者回復支援者(DARS)養成セミナー」を開催することになりました。

ともすれば、内向きになりがちな回復支援活動を国際化するためのキック・オフと位置づけています。たくさんのご参加をお待ちしております。

セミナー参加費 資料代5,000円 懇親会3,000円
参加申し込みサイト:https://goo.gl/forms/OFsfINWCuIyXE8753

龍谷犯罪学研究センターWebページ
https://www.ryukoku.ac.jp/nc/event/entry-3017.html

〈第1日目〉10:00開始
開会の挨拶
【企画の趣旨】
「日本の薬物政策の現状と課題 〜官主導? 民主導? それとも、その間か? 〜」
石塚 伸一 (龍谷大学犯罪学研究センター長)

【日本における市民主導の回復支援】
「ダルクの過去,現在,未来」 市川 岳仁(NPO法人三重ダルク代表)
「薬物裁判におけるアパリの活動」 尾田 真言(NPO法人アパリ 事務局長)
「刑務所における薬物治療」 谷家 優子(姫路少年刑務所 カウンセラー/大阪心理教育センター カウンセラー)
「回復における家族の役割」安髙 真弓(日本社会事業大学大学院 研究員)
「地域の医療・福祉における回復支援の現在」西念 奈津江(岡部診療所 ソーシャルワーカー)
「受刑経験者の回復支援」 五十嵐 弘志 (NPO法人マザーハウス 代表)

【東アジア地域における市民主導の回復支援】
「タイにおける薬物政策」 プラパプン・チェチャロエン(タイ・マヒドン大学教授)
「フィリピンにおける薬物政策」レニール・クリストバル(ファミリー・ウエルネス・センター代表)
「ネパールにおける薬物政策」スーヤス・ラジャハンダリ(ザ・リカバリング・グループ)
「台湾における薬物政策」任 國華(財團法人中國信託反毒教育基金會)
「韓国における薬物政策」チョー・スンナム(乙支大学 医師)
「日本における薬物政策」ディビッド・ブルースター(龍谷大学犯罪学研究センター 博士研究員)

【懇親会(有料)】

〈第2日目〉10:00開始
【東アジア地域における治療プログラム】
「条件反射制御法の理論と実践」 長谷川 直実(デイケアクリニックほっとステーション 院長 医師)
「日本におけるマトリクス・プログラムの展開」原田 隆之 (筑波大学 教授 臨床心理士)
「日本における12ステップとNA」加藤 武士(NPO法人アパリ・ウエスト/木津川ダルク 代表)
「日本におけるプロイエクト・オンブレの展開」近藤 京子(PHJ設立準備委員会 代表)
「タイにおける薬物治療」チャンチャイ・トングプラニット(タンヤラックコーンケン病院 医師)
「フィリピンにおける薬物治療」
マリアノ・ヘムブラ(ドン・ホセSモンフォート・メディカル・センター・エクステンション病院 医師)
「韓国の薬物治療」チョー・スンナム(乙支大学 医師)

【“えんたく”で分かち合う共通の課題〜アジアの回復支援の未来〜】
司会:土山 希美枝 (龍谷大学 教授)
ファシリテート・グラフィック:塩見 牧子 (龍谷大学犯罪学研究センター 嘱託研究員)
中村 正 (立命館大学 教授)
近藤 恒夫 (日本ダルク 代表)
原田 隆之 (筑波大学 教授 臨床心理士)
プラパプン・チュチャロエン (マヒドン大学アディクション研究修士課程プログラム 所長)
カンニカー・シッティポン(タンヤラックコーンケン病院 臨床心理士)
ベンジャミン・レイヤス(デンジャラス・ドラッグ・ボード)
長谷川 直実 (デイケアクリニックほっとステーション院長 医師)
大熊 啓介(NPO法人マザーハウス スタッフ)
猪浦 智史(国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 研究員)
松浦 良昭(三河ダルク 代表/ソウルダルク 代表)

【閉会式】

研究助成:
国際交流基金アジア・市民交流助成プログラム
JST/RISTEX(社会技術研究開発事業)「安全な暮らしをつくる公/私空間の構築「多様な嗜癖・嗜虐行動からの回復を支援するネットワークの構築」(ATA-net)
文部科学省私立大学研究ブランディング事業「新時代の犯罪学創生プロジェクト~犯罪をめぐる「知」の融合とその体系化~」
協力:NPO法人アパリ、木津川ダルク

お問合せ: 龍谷大学 犯罪学研究センター (CrimRC)〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67
龍谷大学 研究部(人間・科学・宗教総合研究センター)
TEL 075-645-2184  FAX 075-645-2240
E-mail crimrc2016@ad.ryukoku.ac.jp
WEB https://crimrc.ryukoku.ac.jp/

本セミナーは、龍谷大学創立380周年を記念し、薬物依存者回復支援(DARS)と龍谷大学 犯罪学研究センター(CrimRC)が主催し、多くの関係団体・個人のご協力を得て実施するものです。

東アジア薬物依存回復支援専門家養成セミナーチラシPDFファイル

 

京都で薬物問題を考える。 〜薬物依存からの回復と地域社会〜

広報にご協力ください。

2018年 12月26日(水)13:15-14:45

龍谷大学 刑事政策 公開授業 担当者:石塚伸一

テーマ 「京都で薬物問題を考える。 〜薬物依存からの回復と地域社会〜」

企画の趣旨:薬物依存からの回復については、DARCなどの民間団体が、大きな役割を果たしています。当事者の回復のためには、家族や地域社会の支援が不可欠です。ところが、回復施設ができるとなると地域の人たちは不安をいだき、ときに排除の意志を表明することも少なくありません。
今回は、回復支援に携わってきたプログラム・コーディネーターをお招きして、薬物問題の現状と課題について考えてみたいと思います。
この公開授業には、ATA-net が協力しています。

対象:刑事政策受講生および薬物問題に関心のある方。一般市民の方も、ご自由に参加していただけます。

会場:龍谷大学 深草学舎 紫光館4階 法廷教室
〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67

お問い合わせ:龍谷大学 石塚伸一研究室
[TEL] 075−645−8466
[E-mail]ishizuka@law.ryukoku.ac.jp

第6回 共に安心して暮らせる 京都デザインフォーラム 「さまざまなバリアをこえて 共に生きる社会をめざして」

2019/1/27(日)
第6回 共に安心して暮らせる 京都デザインフォーラム
「さまざまなバリアをこえて 共に生きる社会をめざして」

障害を持つ人や、さまざまな立場の人とともに、話し合いましょう!
バリアをこえて、共に生きることができる社会づくりについて、みんなで考えたいと思います。

日時:2019年1月27日(日) 12:50~16:30(開場12:00)

会場:「故郷の家」雲史ホール
http://www.kokorono.or.jp/kyoto/kyoto_access.html
京都市南区東九条南松ノ木町47
・地下鉄 九条駅 徒歩15分
・市バス 九条河原町 徒歩10分
※駐車場はありませんのでご注意ください。近辺にコインパーキングはあります。

参加費:500円(資料代)
※手話通訳・要約筆記・点字資料の必要な方は 1月17日までに下記までお知らせください。

主催:障害者権利条約の批准と完全実施をめざす京都実行委員会
http://www.jouyakukyoto-hamon.com/
(事務局:南区東九条松田町28 メゾングラース京都十条101 日本自立生活センター気付
TEL: 075-671-8484 FAX: 075-671-8418 E-mail: jcil@cream.plala.or.jp)
社会福祉法人京都府社会福祉協議会
後援:京都府(申請中)・京都市・京都新聞社会福祉事業団・NHK京都放送局

*プログラム
12:50 開会 あいさつなど
13:00 落語家 桂福点氏の講演
「障害を表現しながら共に生きる」
14:10 木津川ダルク代表 加藤武士氏の実践報告
「ダルクの活動を通して地域社会のつながりについて考える」
14:40 コメンテーター 牧口一二さんからのコメント
「地域社会がつながっていくキーワードを見つけたい」
15:00 休憩と移動
15:15 グループに分かれて話し合い
(それぞれの立場から地域社会のつながりについて語り合う)
16:15 各グループからの報告
16:25 あいさつ
16:30 閉会

*プロフィール

<桂 福点(かつらふくてん)氏>
本名:枡川明。1968年 兵庫県川西市生まれ。上方落語協会会員。先天性緑内障のため中学生の頃に視力を失ったが、子供の頃から音楽に親しみ、1986年大阪芸術大学に入学。音楽療法を研究し、卒業後、バンド「お気楽一座」を結成。1996年 桂福団
治師匠に弟子入りし、古典落語を学びながら独自の音楽漫談や「お気楽一座」の活動にも取り組む。
2009年9月、師匠より「桂福点」の名前をもらい、現在、上記の活動と共に、音楽療法士として診療所、作業所等でユニークな音楽療法もおこなう。また「一般社団法人お気楽島」理事長として、大阪市東淀川区淡路に生活介護施設「お気楽島」を開設、さまざまな理由で社会に出て行きづらい方々の集いの場・創作の場として利用してもらっている。過去に出演した番組―NHK総合テレビ「ぐるっと関西お昼前」「バリアフリーバラエティ」「24時間テレビ2016」など多数。

<加藤 武士氏>
特定非営利活動法人 アジア太平洋地域アディクション研究所(NPO法人アパリ)が運営する木津川ダルク(Drug Addiction Rehabilitation Center)代表。「ダルク」は薬物依存症者の当事者が当事者を支援する施設で、薬物使用の経験者がスタッフを担っている。自助グループの活動を通じて「孤立化」を防ぎ、回復を手助けしている。

<牧口 一二氏>
1937年大阪市生まれ。1才の頃ポリオにかかり「障害者」の資格を得る。6才の春、母におぶわれて小学校に出向くが、「空襲の時に危険」と入学を断られる。敗戦後、また母におぶわれて学校に行くと「お待たせしました」と3年遅れの1年生。10才(2年生)の夏休み、父が松葉づえを買ってくれた。夢中で立ち上がり、歩くこと・階段の昇り降りを覚える。2学期から1人で通学できるようになる。以後、60才まで松葉づえ人生、歩行歴50年、免許皆伝の腕前に。高校を卒業後、大阪美術学校(大阪芸大の前身)デザイン科を卒業するも全く就職できず(1年半に54社)、社会への扉開かず。2年間の精神的孤立状態。美校を卒業後4年で4人の学友が共同経営のデザイン会社を設立。その会社に転がり込む( やっと26才にて社会へ)。この体験から仕事の傍ら障害者運動に参加。駅にエレベーターの設置要求などバリアフリーを広げる。学校巡りをして障害者のイメージチェンジを試みる。60才から車いす。
【シェア歓迎】

薬物依存関連の分科会も3つあります。

AIDS文化フォーラムin京都
2018年9月29日(土)、30日(日)
同志社大学新町キャンパス予定
薬物依存関連の分科会も3つあります。
是非、ご参加ください。

29日(土)全体会13:00~14:30
「3年間でHIV陽性者の生活の何が変わり何が変わらないのか~Futures Japanのウエブ調査結果から」

(放送大学客員教授、HIVFutures Japan プロジェクト代表 井上洋士、日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス代表理事 高久陽介)

29日(土)15:00~16:30
「カナダでの薬物政策視察と嗜好品大麻の合法化」
(NPO法人 アパリ 木津川ダルク)

2018 年10月に大麻合法化法施行を控えたこの都市の薬物政策の最前線を紹介したいと思います。

30日(日)全体会15:00~16:30
「みんなで話そう!HIV/AIDSのこと」
北澤 豪

①ミニレクチャー「今、エイズってどうなってるの?」
高折 晃史(京都大学病院 医師)
②トークライブ
司会: 澤田 南(フリーアナウンサー)

北澤 豪(元サッカー日本代表)
「NEWS ZERO」「シューイチ」にレギュラー出演
・(公財)日本サッカー協会理事
・(公財)日本サッカー協会フットサル・ビーチ
サッカー委員長
・(一社)日本障がい者サッカー連盟会長
・JICAオフィシャルサポーター等

高折晃史(京都大学病院医師)
白野倫徳(大阪市立総合医療センター医師)

30日(日)10:30~12:00
「つながりから考える薬物依存症」
(松本俊彦・安藤晴敏・岩室伸也)

「ダメ、ゼッタイ」だけでは防げない薬物依存症。精神科医、教師、公衆衛生医がたどり着いた結論が「つながり」「居場所」「絆(きずな+ほだし)」。今を生きる一人ひとりが求めていることを考えます。

30日(日)13:00~14:30
『アディクションからの回復に必要なもの』
(国立研究開発法人 国立精神・神経医療
研究センター  精神保健研究所 薬物依存研究部 部長 松本俊彦)

依存症の本質は、「安心して人に依存できないこと」にあります。そして、回復の鍵となるのは人との、社会とのつながりです。そのようなつながりを作るために私たちに何ができるのか、考えてみたいと思います。

AIDS文化フォーラムin京都WEBサイトへ

 

第8回AIDS文化フォーラムin京都 「レッドリボン大作戦」

第8回AIDS文化フォーラムin京都 「レッドリボン大作戦」

日程 : 2018年9月29日(土)、2018年9月30日(日)

会場 : 同志社大学 新町キャンパス

主催 : AIDS文化フォーラム in 京都 運営委員会

1994年、アジアで初めての国際エイズ会議である「第10回国際エイズ会議」が横浜で開催されたのをきっかけに、同年、市民による市民のためのフォーラム「AIDS文化フォーラムin横浜」が発足しました。以降、市民の手ですべての人に開かれた場として毎年8月に開催され、全国各地でHIV/エイズに取り組む団体・個人の発表・交流の場として、また多くの市民、特に若者に向けての啓発の場として定着しています。

関西は現在HIV新規感染者数が急増している地域で、その中で京都は、学生層が多く集う町であり、また日本古来の文化が根付く町であると同時に外国人観光客も多く、異文化交流の場でもあるので、横浜の思いと経験を受けつぎ、エイズの問題は日常のさまざまな領域に関わるので、そのことを文かとしてとらえ、2011年に第1回「エイズ文化フォーラムin京都」を開催いたしました。みなさまのご協力により実りあるフォーラムになり、継続開催のご期待の声をいただき、今年も第8回「AIDS文化フォーラムin京都」を迎えました。

AIDS文化フォーラムin京都B3ポスター

AIDS文化フォーラムin京都A4チラシ

第8回AIDS文化フォーラム in 京都 WEBサイト

第3回リカバリー・パレード「回復の祭典」in関西

11:00 靭公園(大阪府大阪市西区靱本町1丁目9-20)に集合
11:30 リカバリー・パレードのスタート
12:00 御堂筋を難波までパレード
13:00 ゴールの元町中公園(大阪府大阪市浪速区元町1丁目6)で一旦解散
14:00 大阪産業創造館(大阪市中央区本町1-4-5)でフォーラムを開催

参加費無料
飛び入り参加大歓迎

主催:リカバリー・パレード関西実行委員会
協賛:ダイドードリンコ(株)
後援:大阪府・大阪市・大阪府社会福祉協議会・大阪市社会福祉協議会・ 大阪精神科診療所協会・大阪精神保健福祉士協会・大阪府看護協会・大阪府断酒会・京都府断酒連合会・京都MAC・大阪MAC・FREEDOM・びわこDARC・東近江DARC京都DARC・木津川DARC・大阪DARC・神戸DARC・和歌山DARC・ステップハウスおりーぶ・リカバリハウスいちご・フェニックス会

この事業は、平成 30年度大阪府福祉基金地域福祉振興助成金の交付を受けて実施します。

お問合せ: 0774-51-6597(木津川ダルク)

リカバリーパレード関西(大阪)チラシ

第1回リカバリー・パレード「回復の祭典」in京都

11:00 円山公園内一休庵前(京都市東山区八坂鳥居前東入円山町)に集合
11:30 リカバリー・パレードのスタート
12:00 祇園四条通~四条河原町~河原町御池~烏丸御池までパレード
13:00 烏丸御池で一旦解散
14:00 京都市男女共同参画センターウィングス京都でフォーラムを開催(京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262番地)

参加費無料
飛び入り参加大歓迎

主催:
リカバリー・パレード関西実行委員会共催
龍谷大学犯罪学研究センター/JST/RISTEX(社会技術研究開発事業)安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築「多様化する嗜癖・嗜虐行動からの回復を支援するネットワークの構築(ATA-net)研究代表・石塚 伸一(龍谷大学教授)

協賛:ダイドードリンコ(株)

後援:京都府・京都市・京都市教育委員会・京都弁護士会
自由人権協会京都・京都精神神経科診療所協会
京都精神保健福祉士協会・京都新聞社会福祉事業団
京都社会福祉士会・京都府断酒連合会・京都MAC・大阪MAC
FREEDOM・びわこDARC・東近江DARC・京都DARC
木津川DARC・大阪DARC・神戸DARC・和歌山DARC
ステップハウスおりーぶ・リカバリハウスいちご
フェニックス会

後援・助成:京都新聞社会福祉事業団・共生社会を創る愛の基金

お問合せ: 0774-51-6597(木津川ダルク)

リカバリーパレード京都チラシ

11月4日(日)依存症予防教育推進事業 京都教室(平成30年度文部科学省委託事業)

依存の問題は、薬物だけでなくインターネット、ゲームなど幅広い分野に広がっています。実は私たちの身近にある依存について、一緒に考えてみませんか?
ハマってしまう背景に何があるのか。予防には何が大切なのか。
経験豊富な支援者、依存経験者、家族の視点から情報を共有し、皆様と一緒に考える新しいタイプの予防教室です。地域で予防や支援に関わってる方はもちろん、依存症って何? と思っている方もぜひご参加ください。

開催日:平成30 年11月4日(日)13:30~17:00
開催地:京都府京都市伏見区深草西浦町1丁目1 龍谷大学深草キャンパス紫光館 4階 法廷教室 アクセス
参加費:無料 当日参加も可能です。定員:150名
お問い合わせ:TEL: 03-5856-4824 Fax: 03-5856-4827 または、E-mail:

講師
小林 桜児 氏:神奈川県立精神医療センター専門医療部長
橋元 良明 氏:東京大学大学院情報学環・教授
薬物依存当事者・家族
ネット依存当事者・家族

プログラム詳細

13:30~ 開会あいさつ・来賓あいさつ

薬物依存当事者(ダルク)
ネット・ゲーム依存当事者(手記又はビデオ)
薬物依存者の家族(びわこ家族会)
ネット・ゲーム依存者の家族(アパリウエスト家族教室)
ネット・ゲーム依存とは(橋元 良明 氏:東京大学大学院情報学環・教授)
薬物依存症とは(小林 桜児氏:神奈川県立精神医療センター専門医療部長)
トークセッション(司会 近藤 京子 氏)

16:40~ アンケート記入・閉会

後援
京都市・龍谷大学犯罪学研究センター・京都新聞・毎日新聞社京都支局・産経新聞社京都総局
(一社)京都精神保健福祉協会・京都市こころの健康増進センター・京都府立高等学校PTA連合会
後援申請中
京都府・京都府教育委員会・京都市教育委員会

主催
団体名:NPO法人全国薬物依存症者家族会連合会
代表者名:理事長 横川 江美子
所在地:東京都足立区竹ノ塚5-18-9-207
WEB:http://www.yakkaren.com/

参加お申込みサイト
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeEyiejVQW1SjJb63DUiFTPPQXTihbnZJwFK1mENvyFu1N6lg/viewform

京都府 平成30年度 宗教法人関係者 人権問題研修会

京都府と京都府宗教連盟では、南部と北部の2会場で、人権問題研修会を開催いたします。
薬物依存症というと、覚醒剤や大麻などの違法薬物を使用する一部の人の問題と思われがちで、偏見から、依存者その家族、依存から回復した人等への差別の問題が起きています。
あらゆる人権に配慮することが求められており、薬物問題に悩んでいる当事者や家族等を地域社会で支えることが必要です。

※宗教法人の代表者をはじめ信者の方、そして府民のどなたでもご参加いただける研修会です。
是非、多数ご来場ください。

講演:「薬物依存問題の理解と支援に向けて」
講師:木津川ダルク 代表加藤武士( かとうたけし) 氏

こころの病、依存症、生きづらさなどから回復の道を歩んでいる本人と家族、友人、支援者、賛同者が、回復の喜びを祝う「リカバリー・パレード」などを紹介した映像を鑑賞し、依存者の回復を支える地域社会について考えましょう。

京都府 平成30年度 宗教法人関係者 人権問題研修会チラシ

日程・会場
平成30年9月11日(火)  (南部会場)
13:00~16:30 (受付12:30~)
京都ガーデンパレス 2階葵 (あおい)
京都市上京区烏丸通下長者町上ル龍前町606
TEL 075 (411) 0111

平成30年9月14日(金)  (北部会場)
13:00~15:30 (受付12:30~)
宮津市中央公民館 (みやづ歴史の館) 3階大会議室
場宮津市字鶴賀2164
TEL 0772 (20) 3390

お申込み・お問合せ
京都府文化スポーツ部文教課宗教法人・文化財担当
電話075 (414) 4522 FAX : 075 (414) 4523

主催:京都府、京都府宗教連盟

 

青森教室 平成30年度文部科学省委託事業依存症予防教育推進事業

日程
平成30年8月18日(土)13:00~17:00

会場
青森県観光物産館アスパム

参加費:無料 当日参加可能

定員:140名
講師
小林 桜児氏:神奈川県立精神医療センター専門医療部長
子どものネットリスク研究会研究員
薬物依存当事者・家族

新しい依存症予防教育教育
関係者や保護者、地域住民に依存症に対する正しい理解を深める場を提供します。

依存の問題は、薬物だけでなくインターネット、ゲームなど幅広い分野に広がっています。実は私たちの身近にある依存について、一緒に考えてみませんか︖

ハマってしまう背景に何があるのか。予防には何が大切なのか。経験豊富な支援者、依存経験者、家族の視点から情報を共有し、皆様と一緒に考える新しいタイプの予防教室です。

地域で予防や支援に関わってる方はもちろん、依存症って何︖ と思っている方もぜひご参加ください。

プログラム詳細

13:00~   開会あいさつ・来賓あいさつ
薬物依存当事者(青森ダルク)
ネット・ゲーム依存当事者(手記又はビデオ)
薬物依存者の家族(青森家族会)
ネット・ゲーム依存とは(子どものネットリスク研究会研究員)
薬物依存症とは(小林 桜児氏:神奈川県立精神医療センター専門医療部長)
トークセッション(司会 近藤 京子 氏)
16:25~   アンケート記入・閉会

後援
青森県・青森県教育委員会・青森県養護教員会・青森市・青森市教育委員会

青森教室 依存症予防教育チラシ

参加申し込みページ
https://goo.gl/forms/D8AQRxJrpFz5JImd2


小中学校・高等学校で薬物乱用防止教室が開かれていますが、「単発で時間が短い、保護者が集まらない」などの課題が指摘されています。又“ダメ。ゼッタイ。”の視点だけの予防教育だけでは、薬物に手を出してしまった若者やその家族を地域から孤立させ、医療につながる道を閉ざしかねず、地域社会の回復力を逓減させていきます。更に、ネット依存やゲーム依存の広がりは大きく、保護者は大きな不安を抱えています。

そのような中、3つの自治体(青森県、京都府、千葉県)で「依存症予防教室」を開催し、保護者や教育関係者、地域住民に依存症に対する正しい理解を深める場を提供します。そして、医療従事者等と共に依存症当事者やその家族の経験を伝え、回復の困難さとともに依存症は回復できる病であることを伝え、地域の相談支援体制の重要さへの理解を促し、地域の予防教育資源である教育者、保護者、当事者、支援者等の連携の一助になるよう「依存症予防教室」を取り組みます。

平成30年度文部科学省委託事業依存症予防教育推進事業ホームページ